この頁の一番上へ戻る

クレジットカード現金化は本当にWIN-WINの関係なのか?

クレジットカード現金化は本当にWIN-WINの関係なのか?

クレジットカード,現金化,本当,関係

クレジットカード現金化は社会的に批判を浴びている取引と言われて否定する人間など誰も居ないでしょう。

 

特に発行元や関連省庁、金融機関はホルダーの債務踏み倒しに繋がるとして煙たがっているのにも関わらず、全盛期を過ぎたとは言え、今もなお運営を続けている業者が存在しています。

 

少なくとも需要がそこにある訳です。

 

元々クレジットカード現金化を知る機会がそう多く無い事と、健全な思考の持ち主であれば、これより良い金策方法や打開策を見出せるはずですが、やはり情報社会と言われる世の中においても弱肉強食のカーストが存在しています。

 

そして、クレジットカード現金化はWIN-WINの関係であることを強調する謳い文句は果たして真実だと思いますか?私の主観的立場から述べさせていただきますと・・・

答えはNO!!

利害関係が一致していると言えば聞こえは良いのかもしれません。

 

本来であれば手にする事の出来ないショッピング枠を現金に換金できるのですから、頼れる人や場所が無い人にとっては好都合・・・・でしょうか?

 

ここが解決できればクレジットカード現金化も悪くないとも感じますが、物事には過程が存在しますよね?最終的にどうなるかが私の着眼点なのですが、このWIN-WINの状態について考えてみますと現金を手にした時は確かにそのバランスが成り立ちます。

 

しかし、日が経ち支払日を迎えた際に訪れるのは、振り込まれた現金以上の金額が書かれた請求、引き落とし日がやってきます。

 

クレジットカード決済をすると言う事で避けられぬ事象で有り、この日を境に成り立っていたバランスは崩れると考えます。

 

つまり、一時的な凌ぎに過ぎません。

 

これはクレジットカード現金化のみならず、正規の消費者金融でも同じことは言えますし、それ以外の金策としてもこれに似たように何かを引き換えに現金を手にするようになっています。

 

例えば、車やバイク、ブランド品など・・・、思い出が詰まっているだけに金策の為に手放すことはそのような情も生まれてくるものです。

 

ただ、その一回で解決するのであれば有益な金策であると私は考えます。

 

その条件として、先々に入る収入が有り、その収入がこれまでと同じ金額だとしたら、利用した分だけの手数料は節制して生み出した可処分所得から補うと考え、2回目以降の利用を極力避け引き落とし日には一括払いで終わらせる、という努力が出来るかどうかです。

 

金策を頼りにする事は、身を滅ぼすことになると理解し気軽に利用できるという誘惑に負けず立ち向かう勇気を持ってください。


はじめてのクレジットカード現金化を比較する方へ

クレジットカード現金化にマニュアル?悪徳比較サイトにご用心 クレジットカード現金化における全国対応は当たり前
クレジットカード現金化の優良店を考えてみる クレジットカード現金化比較サイトの評価はいろいろ

クレジットカード現金化は違法か?

顔の見えない相手が発信する情報を信頼できますか? クレジットカード現金化で購入する商品に注意!
クレジットカード現金化目的は規約違反だと知っておく クレジットカード現金化は将来的に消滅、撲滅されるでしょう

クレジットカード現金化の口コミと体験談

日頃からクレジットカード現金化を利用する強者の考え方 クレジットカード現金化を利用して幸せになれるのか

クレジットカード現金化に安心・安全を求める為に

続々と閉鎖するクレジットカード現金化サイト クレジットカード現金化は何度も利用して良い?
クレジットカード現金化は本当にWIN-WINの関係なのか? クレジットカード現金化よりも総量規制で絶好調な貸金業者
クレジットカード現金化の比較サイトで掲載枠を販売している クレジットカード現金化でAmazonギフト券が使われる背景

クレジットカード現金化業者口コミ

ギフトクレジットの評判は? ゴールドラッシュの評判は?
現金化のらいふの評判は? 森のギフトの評判は?
ホリデーギフトプランの評判は? amatera(アマテラ)の評判は?

クレジットカード現金化比較ガイドお問い合せ

【運営者情報】クレジットカード現金化比較ガイド