クレジットカード現金化の比較サイトはオワコン

クレジットカード現金化をしたいときは業者を利用します。

業者はひとつではありませんので、より好条件で利用できないか調べるために、比較サイトを見るでしょう。

この消費者心理を汲んで、現在多くの業者が自分たちで比較サイトを作っているのです。

驚きですが、無店舗型の業者はホームページを持って営業しているのですから、自分たちで広告を作って集客をしようとするのは当然の流れかもしれません。

この動きの背景には、クレジットカード現金化を広告してくれる人がいないからです。

あの2ちゃんねるも、一時期はクレジットカード現金化のバナー広告で埋め尽くされていましたが、ある時から一掃されたことを今でもよく覚えています。

なんせ、この2ちゃんねるの代理店である未来検索ブラジルさんに、このような広告について私が問い合わせたことをキッカケにして、一掃されたからです。

他にも、ASPと呼ばれる広告代理店を通して、アフィリエイターと呼ばれる人たちに集客をお願いする仕組みも廃れてきています。

特殊なサービスであるから、1件あたりの単価は非常に高額な報酬となっているにも関わらず、アフィリエイターたちは見向きもしません。

だんだん、業界の実態について暴く比較サイトおよび情報サイトが続々と誕生し、違法性について認識が広がっているからです。

業者たちは広告するところがなくなり、自分たちで作り始め、しまいには広告運用までしだしてる様子が今現在の様子。

キャッシュレスの時代に突入し、なんでもクレジットカードで支払いができるようになった現代において、もうクレジットカード現金化は社会問題として取り上げる必要もなく、衰退していく一方です。

このような背景から、クレジットカード現金化の比較サイトは、業者たちが取り組んでいるオウンドメディアに過ぎません。

Amazonギフト券現金化も同じクレジットカード現金化ですが、従来型のイメージが悪いことから、既存のクレジットカード現金化業者たちが行なっていることがほとんど。

ちなみに、Amazonギフト券現金化の件あたりの単価は、クレジットカード現金化よりも低く設定されています。

同じクレジットカード現金化なんですけどね。

クレジットカード現金化という表現を使わずに、Amazonギフト券「買取」などと表記しているのは、表向きの体面、見せ方を変えているだけと思ってください。

相変わらずHP上では、高い換金率でギフト券を買取しているように見えますが、実際のところクレジットカード現金化業者と同じような換金率で、利用停止になるリスクも同じです。

クレジットカード現金化の比較サイトで、まともな情報を発信するところは多くないので、お気をつけてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です