この頁の一番上へ戻る

クレジットカード現金化で購入する商品に注意!

クレジットカード現金化で購入する商品に注意!

クレジットカード,現金化,購入,商品,注意

クレジットカード現金化では買取方式が主流とされていますが、キャッシュバックであっても何らかの商品購入が必要不可欠です。

 

何か物やサービスを購入してお金を払うときに、クレジットカードを使いますよね?買い取り式であればそのモノを業者が買い取る形でお金を融資する方法ですが、ただどんなモノを買うのかによっては注意しなければならないことがあります。

 

モノを介したクレジットカード現金化の仕組み

クレジットカードは誰もが一枚は持っているカードです。収入のない学生や主婦でも持っていることがあります。一定の基準を満たせば誰でも持てることや、キャッシングやカードローンに比べると審査の基準も低くなっています。
クレジットカード現金化では、カードのショッピング枠を利用して、モノを購入し、現金を手に入れるため、少し工夫すれば、誰でも現金化ができることに気づきます。
その際、購入するモノとしてよく使われる品物といえば、商品券です。ただ、商品券は換金率が高いため、一部のカードでしか購入できないようになっています。

 

購入する商品に見合った価値がない場合は損をしている

クレジットカード現金化で購入した商品が自宅に届いた場合、商品券といったものではなく、おもちゃであったり、情報商材、音楽CD、パワーストーンなどといった品物が多くなっています。支払った額に見合った商品でない場合は、騙されていることも考えられます。もちろん、形式的にキャッシュバックを行う場合は、結果的に予定されていた還元率での入金があれば問題ありませんが、オンライン取引での品物の購入において、キャンセルできないのであれば、違法の可能性もあります。特定商取引法の記載があるのかどうか、クーリングオフの取り決めもあるのかどうか念のため確認したほうがいいでしょう。

 

クレジットカード現金化のリスクを確認

 

景品表示法にひっかっかるケースも!

商品やサービスにおいて、品質、内容、価格などを偽って表示していた場合、景品表示法にひっかかるケースもあります。先ほどの品物の場合でも、実際に購入した品物の品質と価格が釣り合っていない場合は、適正な価格で販売していない業者として摘発される恐れもあります。クレジットカード現金化の買取方式では、カードで購入するモノがよくわからなかったり、値段よりも安すぎるモノだったり、選べない場合は、景品表示法に違反している場合があるようです。
結果的に希望のお金は手に入ったとしても、なるべく一回限りの利用に留めておいたほうがいいでしょう。

 

まとめ

クレジットカード現金化では、買取方式を採用している業者の場合、価格と内容・品質が伴わないケースがあれば、景品表示法に違反している場合があります。実際に購入するモノを選べない場合も同様のケースになります。また、特定商取引法の記載やクーリングオフの記載もしっかり確認しておきましょう。


はじめてのクレジットカード現金化を比較する方へ

クレジットカード現金化にマニュアル?悪徳比較サイトにご用心 クレジットカード現金化における全国対応は当たり前
クレジットカード現金化の優良店を考えてみる クレジットカード現金化比較サイトの評価はいろいろ

クレジットカード現金化は違法か?

顔の見えない相手が発信する情報を信頼できますか? クレジットカード現金化で購入する商品に注意!
クレジットカード現金化目的は規約違反だと知っておく クレジットカード現金化は将来的に消滅、撲滅されるでしょう

クレジットカード現金化の口コミと体験談

日頃からクレジットカード現金化を利用する強者の考え方 クレジットカード現金化を利用して幸せになれるのか

クレジットカード現金化に安心・安全を求める為に

続々と閉鎖するクレジットカード現金化サイト クレジットカード現金化は何度も利用して良い?
クレジットカード現金化は本当にWIN-WINの関係なのか? クレジットカード現金化よりも総量規制で絶好調な貸金業者
クレジットカード現金化の比較サイトで掲載枠を販売している クレジットカード現金化でAmazonギフト券が使われる背景

クレジットカード現金化業者口コミ

ギフトクレジットの評判は? ゴールドラッシュの評判は?
現金化のらいふの評判は? 森のギフトの評判は?
ホリデーギフトプランの評判は? amatera(アマテラ)の評判は?

クレジットカード現金化比較ガイドお問い合せ

【運営者情報】クレジットカード現金化比較ガイド