質問集

スピード関係に関するクイズの答えと解説

投稿日:

スピード関係に関するクイズの答えと解説

スピード関係に関するクイズの答えと解説です。

問1,すべての業者において、ホームページに書いてあるスピードは本当の事を書いていると信じている

A.いやいや絶対なわけないでしょ

管理人
業者の中では、「新規」と「2回目以降」の場合で申し込みフォームが分かれている事があります。

とくに前者の新規の場合には、クレジットカードのショッピング枠を現金化する事に対しての注意事項や手順について説明を受けるだけでなく、本人確認に要する手続きが必須と言われてしまいます。

よく「最短5分」などと告知されますが、これは急いでいる人にとっては心を動かされる言葉ですが、非現実的な内容であると考えておきましょう。

問2,クレジットカードの国際ブランドによってスピードが変わる事がある

A.業者都合なのに、国際ブランドを言い訳にしているだけでしょ

管理人
クレジットカードを日常的に利用している方ならご存知かと思いますが、国際ブランドによって支払いの時間が異なったり、手続きが違う事が起こる事はありません。

これは私が実際に体験した出来事を元に作成しましたが、「すぐに出来る」と言われて現実的な数字で待ち時間が示される事なく、苛立っていたところに店員から「他の国際ブランドならスムーズなんです」と説明された事がありました。

ショッピング枠を利用する訳ですから、通常の買い物と同じ仕組みで商品やサービスを購入する事に変わりないということです。

問3,買取式(換金)よりもキャッシュバック式(還元)と比べると、手続きはどちらが比較的早く完結させる事ができる?

A.キャッシュバック式

管理人
商品の特典としてキャッシュバックされる仕組みとはまったく別物である買取式の場合には、購入した商品の所有権は購入者を介して売却先に送る必要がある為です。

つまり、「買い取った事にする」 などと換金の仕組みを説明する業者は、出資法違反の対象である換金の仕組みとみなされます。

問4,土日祝日でも対応できると業者のホームページに書いてあります。互いの金融機関(銀行口座)が違っても、スピードには影響が無いということですよね。

A.金融機関(銀行)が同じでないと反映されないことって当たり前でしょ

管理人
基本的に業者で用意されている金融機関次第になりますが、業者でよく用意が見受けられる金融機関は「楽天銀行」と「ジャパンネット銀行」と「ゆうちょ銀行」の3つです。

地方銀行の扱いは皆無に等しく、たまにメガバングと呼ばれる金融機関の取り扱いをたまに見かける程度ですが、わざわざ同じ金融機関を探す事よりも、計画立てて申し込みをした方が慌てずに済みます。

このような背景からか、業者が休みを取る場合には土日祝日や大型連休中など、金融機関の栄養日に合わせる様子が見受けられます。

問5,互いの金融機関(銀行)が異なる場合、「15時」までに手続きをする事を求められるの?

A.金融機関のシステム上、仕方が無い事だから

管理人
問4と同様な内容となってしまいますが、現金の送金手続きは金融機関無くして不可能です。

店員から説明を受けたり、比較サイトで情報を収集していない方にとっては不意打ちの様な事柄かもしれませんが、何事も前もって行動をする事が大切です。

15時という時間について説明を受ける事がありますが、これについて怪しい要素は考えにくいと考察します。

問6,互いの金融機関(銀行)が異なる場合、「14時59分」までに申し込みをすれば、店員がなんとかするんでしょ

A.いくら専門業者とは言え、非現実的と考える事が適切

管理人
私も調査の一環で店員に対して強気の口調で対応を求めてみました。

はじめての申し込みでも、換金に関する説明を省く事や手続きの簡略化をされる事なく、結局「ムリである」という見解に辿り着きました。

しかし、一度利用している業者の場合には、同じ説明を受ける事が無い様で、幾分かは短縮される傾向がほとんどの業者で見受けられます。

問7,業者は大型連休(ゴールデンウィークやお盆)、年末年始も営業している

A.一部業者だけ

管理人
年中無休と告知していながら、急に休みを設ける業者がほとんどですが、当サイトで評価している業者は、ゴールデンウィークや年末年始に営業を確認できます。

基本的にあまりよい印象を抱くはずがありませんから、いつでも連絡が取れやすいということも比較の対象として考えるべきではないかと思いますが…みなさんはいかがでしょうか?

ちなみに、毎年間際になって告知が出される傾向にありますので、「また申し込みしようかな」と考えている方は早めにされた方が賢明と言えそうです。

問8,早ければ早いほどよいお店であると言える

A.それだけでよいお店と「スピード」だけで決める事は勘違い

管理人
比較サイトの中でも「スピードランキング」などと命名して、ランキングを作成している様子があります。

そのような比較サイトに限って、スピード意外にも「⚪︎⚪︎ランキング」を生成し、並べている理由には広告の掲載料が関わっている様子ですので、無意味ですから間違っても信用してはダメです。

現にスピードを売り文句にしていた「スピードクレジット」は約1年ほどで閉店しました。

問9,「クレジットカードのショッピング枠を現金化」ということに対して、スピードが早くても遅くても「クレジットカードのショッピング枠を現金化」である事に変わりない

A.スピードは関係が無い

管理人
スピードに限らず、何を商品としていても、換金の仕組みがどうであろうと、クレジットカードのショッピング枠を現金化する事に変わりません。

我々比較検討者の目くらましとして利用されるAmazonギフト券を使った取引も、クレジットカードのショッピング枠を現金化する事と同じであり、業者は体裁を気にしている様子があります。

問10,比較サイトで掲載されているスピードランキングは本当の事を書いていると信じている

A.そのままの時間で手続きが出来るとは思わない

管理人
基本的にそれだけでランキングを作成される事についてはよい事だとは思います。

しかし、問8の解説で記述したように「スピード」だけで優良店だと認識する事は間違いであると当サイトでは考えます。

内部カテゴリー一覧

情報量豊富な優良比較サイトのご紹介
クレジットカード現金化の優良店比較DX

2014年11月頃より開設された比較サイトの一つで、関連するキーワードを検索するとよく1ページ目に出てきます。

多角的な視点からメリットとデメリット、さらには業者や違法性に関する情報も発信されており、情報量豊富なサイトが少ない中で貴重な存在です。

店舗名を並べて業者の紹介のみに集中している比較サイトが多く、見るに堪えない情報が乱立する中で、リスクやマネーに関する豆知識も補完できます。
ショッピング枠現金化とは?優良店の比較

2013年8月頃より開設された比較サイトの一つ。

こちらも、長らく「ショッピング枠現金化」のキーワードで1ページ目に存在している実績からわかるように、更新頻度が高い比較サイトとしては唯一無二です。

他の比較サイトが記事やタイトル付けを真似している位ですからね。

近年は業者の裏側を暴くとして、多くの情報を発信する比較サイトが増えましたが、こちらの比較サイトがその走りとも言える存在です。

-質問集

Copyright© クレジットカードのショッピング枠を現金化【優良店と比較サイト】 , 2018 AllRights Reserved.