クレジットカードのショッピング枠を現金化する仕組み

メルカリでクレジットカードのショッピング枠を現金化したい!!

投稿日:

メルカリでクレジットカードのショッピング枠を現金化する事が社会問題化しています

この記事を要約すると…

  • メルカリでクレジットカードのショッピング枠を現金化できる仕組みについて理解することができる
  • メルカリがなぜ社会問題としてメディアが取り上げたのかわかる
  • 従来の業者とフリマアプリで取引することの違い

2017年、クレジットカードのショッピング枠を現金化する事に対して注目が再燃しています。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する仕組みについて知らない知人でも、「メルカリ」という言葉を見たり聞いたりすると、「あー現金のやつね」と返答があるくらい、メディアで取り上げられています。
管理人
すでに業者を通して換金をしたことのある方であれば、「こんな換金方法があったのか」と目から鱗のような情報かもしれませんね!

メルカリでクレジットカードのショッピング枠を現金化することはできますか?

男性
「もう業者に申し込みをしなくて済むな!これからはメルカリを利用しよ!」

とお考えの方も多いかと思いますが、時すでに遅しです。

今回の件につきまして、何と政府が事業者に対して「クレジットカードで現行紙幣を購入すること」を禁止するよう要請すると明言がありました。
管理人
これは2017年5月12日にYahoo!のトップで表示された記事の内容で、あわせてクレジットカードのショッピング枠を現金化する行為も「原則として法的に禁止すべきと考えるがいかがか?」という衆議院議員の質問に対しては明言を避けた格好です。(クレジットカードで現金購入、政府が事業者に禁止要請へ)

この答弁から見られるように、このサービスについて特定して規制している事は無く、いずれは規制されるものかもしれませんが、近々で法改正をなされる動きが無いのが現状です。

女性
なぜクレジットカードのショッピング枠を現金化する業者について、俯瞰して観察している比較サイトが、メルカリの問題について取り上げたの?
管理人
クレジットカードで換金性の高い物品を購入する事に対して明言をした動きは、民主党政権時代に社会問題として全国ではじめて経営者が逮捕された時以来の話題であるからです。

クレジットカードで現金を商品として購入する事は、今後事業者側で厳しくチェックされる事になるでしょう。

管理人

ここで勘違いしやすい事として、現金を商品とするものがダメであり、換金性の高い物品のクレジットカードでの購入については話題になっていないということです。

現金と同等の価値をもつAmazonギフト券についても金券類としての見方もあれば、電子マネーとしての見方もある訳ですから、Amazonギフト券現金化業者・売買取引の中心とも言える市場系サイトはまったく関係が無いとは言えないのです。

メディア各社・士業関係の方・ライターの方、それぞれの視点でメルカリの問題についてコラム等を発信されているのを見かけます。

その多くは、事業者を悪に仕立て上げるのが前提であり、利用者の責任については軽視しがちです。

業者も利用者の同意を得ない限り、手続きが進まないのが業者で行われる換金方法ですから、利用者側に矛先が向かなければ何も変わらないと当サイトでは考えます。

メルカリで利用者を募っていた業者が全国一斉に逮捕された!

注意この見出しは2018年3月に追記していますが、すでにメルカリの話題は収束しています。
これからメルカリで換金できる可能性を検討している方にとって、その可能性を否定してしまう残念な内容ですが、その背景を理解していただきたく記述しています。

その理由として、見出しにもあるように業者が逮捕されました。

管理人
クレジットカードのショッピング枠を現金化する業者ですから、どんな人物が関わっていたのか気になるところですが、普通に会社員をやりながら兼業されているかたも混じっていました。

一部の被疑者について、逮捕されたことを確認できる動画が唯一ありましたのでご紹介しましょう。

POINT
この一連の流れが釘を刺すこととなり、さらには運営元のチェック体制強化、規約の中で禁止事項として明文化されたことで今日までに平穏な取引を取り戻しています。

メルカリが問題視された事実がありながらも、従来の業者は今もなお営業を続けているわけです。

その違いについて調査し、まとめました。

メルカリもクレジットカードのショッピング枠を現金化する業者と仕組みは変わらない

業者の逮捕に関する話題以外で、はじめてこの現金調達方法が各種メディアで取り上げられた「メルカリ」での換金方法についても言えます。

スマホアプリですから法人、個人問わずあらゆる品物を出品できる仕組みから、今現在は禁止事項になりましたが「現金そのもの」を商品として販売していました。

現金を販売する事については違法で無く、今回あちらこちらのメディアやまとめサイトでネタ化していますが、何をとやかく言いましても合法です。

管理人
この現金調達方法の仕組みや存在自体を指定して違法としていない事により、こうした商取引における規制は市場を提供する各社の自主規制の有無が肝心になっており、某大手ネットオークションサイト各社や某ネットショッピングサイトでは換金性の高い物品のクレジットカード決済や、その類似商品も出品について制限を設けているところがほとんどです。

今回は、フリマアプリの最大手で「クレジットカードで換金が可能」として大きく取り上げられた形ですが、フリマアプリは何もメルカリだけではありませんので、続々と芋づる式に影響が及んでいくものと当サイトで考察しています。

内部カテゴリー一覧

情報量豊富な優良比較サイトのご紹介
クレジットカード現金化の優良店比較DX

2014年11月頃より開設された比較サイトの一つで、関連するキーワードを検索するとよく1ページ目に出てきます。

多角的な視点からメリットとデメリット、さらには業者や違法性に関する情報も発信されており、情報量豊富なサイトが少ない中で貴重な存在です。

店舗名を並べて業者の紹介のみに集中している比較サイトが多く、見るに堪えない情報が乱立する中で、リスクやマネーに関する豆知識も補完できます。
ショッピング枠現金化とは?優良店の比較

2013年8月頃より開設された比較サイトの一つ。

こちらも、長らく「ショッピング枠現金化」のキーワードで1ページ目に存在している実績からわかるように、更新頻度が高い比較サイトとしては唯一無二です。

他の比較サイトが記事やタイトル付けを真似している位ですからね。

近年は業者の裏側を暴くとして、多くの情報を発信する比較サイトが増えましたが、こちらの比較サイトがその走りとも言える存在です。

-クレジットカードのショッピング枠を現金化する仕組み

Copyright© クレジットカードのショッピング枠を現金化【優良店と比較サイト】 , 2018 AllRights Reserved.