記事を書いている人

クレジットカード現金化は安全ではないの管理人兼執筆者のご紹介ページです。

ただ勝手に書いているので、業者からお金をもらって広告をしようというやましい気持ちはありませんのでご安心を。

業者さんたちがSEOを頑張っている様子なので、このサイトにたどり着いた、数少ないかたに対して有益な情報提供ができるように心がけています。

私のプロフィールが気になるという変わった人のために、ちょっとだけ(笑)

名前

栗木正樹

生年月日

1977年01月03日

出身

熊本県

クレジットカード現金化業者の業務経験

2年。電話対応と広告運用。

現在の仕事

IT系の会社員

サイト開設の理由

元店員と偽って記事を書いている比較サイトがあることに驚きました。

今でも上位表示しているのですが、本人ではない男性モデルの素材を利用して、まるで本人であるかのように、クレジットカード現金化をおすすめしているのです。

しかも定期的にランキングは入れ替わり、広告コードと呼ばれる機能を用いて業者にアクセスを流しているので、1件あたり数万円の報酬を受け取っていることは間違いありません。

私が勤めていた業者は、いまどき珍しく、非常に高い数字で取引していたので、粗利を稼げることができず、そして競合他社の広告枠競争が激しくなってきたことで撤退しました。

報酬を得るつもりはありません。

そのため、SEOに対して労力をかけることはできませんが、悪徳な業者が無くなること、そして胡散臭い店員に騙されないようにお役立ていただけるとうれしく思います。

具体的なクレジットカード現金化業務

  • 出勤-夜のうちに入った申し込みをチェック
  • 電話対応-高い数字を取引していたので、騙すことを方針としていませんでしたので、申し込みした人はほとんど利用していましたね。
  • 昼食-買ってくるか、近くで。
  • 広告運用-ASPと呼ばれる代理店とのやりとり。クレジットカード現金化の広告は出せるところが限られています。
  • 退勤-お客さんが来ないと仕事がありませんので、基本的に残業はありませんでした。

悪徳な比較サイトが増えてきた背景には、広告を出す先が無いことが挙げられます。

こんな商売ですから、誰も協力してくれる会社もなく、信用が無いと言ってもいいでしょう。

そのため、自分たちでホームページを凝ったデザインしたり、自作自演の口コミを掲載した自演サイトを作っているのかなと推測します。

これは、直接な取引はありませんでしたが、特定の比較サイトに限って、いつも掲載されている業者がまとまっているという特徴があるからです。