クレジットカードのショッピング枠を現金化した方の口コミと体験談

クレジットカードのショッピング枠を現金化する手順

投稿日:2017年11月20日 更新日:

クレジットカードのショッピング枠を現金化する為の手順

クレジットカードを果たしてどのような使用方法で、お店からお金を受け取るのか気になりますよね。

当サイトで実際に申し込みから換金をし、複数の業者に問い合わせを行い、手順に関する実体験についてご紹介します。

女性

もともとクレジットカードはキャッシュカードと同じサイズだから、ATMにそのまま差し込めば引き出せるようにお店側が調整するの?

男性

クレジットカードをお店に送ったり持っていくことになるのでしょうか?

女性

店員さんから指南を受け、何か発行元へ手続きをお願いするのでしょうか?

いえ、すべて違います。

基本的に2つの与信枠が付いている事は冒頭で記述していますが、ショッピング枠をどのようにお金という現物に換金するかという方法は、お店で用いられる手段として2つの方法が主流となっています。

どちらも商品を購入する事が共通事項であり、商品が無いのにあるように口裏合わせをしたり、その場で買ったり売ったことにするという"体裁"を利用者に求める店舗は違法の可能性が非常に高いとされています。

※これから下記、各換金方法についてご紹介しますが、業者によって同じ方法が用いられていてもまったく異なる説明の場合もありますし、若干異なる事があります。

買取式(換金)の手順

皆様のお住まいの地域でもあるであろう、リサイクルショップを想像していただけますと理解しやすいでしょう。

クレジットカードで商品を購入するのですが、その商品は店舗で用意があるか、特定商品を特定のお店で購入し、それを店舗へ送るという形で商品の売買を成立する形が一般的です。

古物商に該当する売買取引になりますので、古物商許可番号の掲載が有るか無いか、無許可で買取業をしていないかということ項について店員から説明される事は無いですから、自ら裏付けを取る必要があります。

また、古物商許可証を取得している事が、クレジットカードのショッピング枠を現金化する優良店であるかのような表現で用いられている業者は、総じて悪徳業者であると判断するべきです。

各都道府県の公安委員会が許可する証明になりますが、営業許可を与えただけに過ぎず、この現金調達方法を認めている事も無ければ優良店である事を認めている事もありません。

無店舗型でも、対面する事なく売買をする仕組みは一般的にも周知されているサービスですが、商品を購入した事にする買取をしたということにすると消費者に同意をするよう迫る手口は違法です。

還元式(還元率)の手順

電化製品を扱う企業でもよく利用されているキャッシュバックキャンペーンが身近な存在でしょう。

電化製品の中でも、とくに携帯電話の販売店でよく見られる商品販売による特典としてお金が返ってくる仕組みですが、これを違法とするならば世の中の多くの企業が書類送検されてしまう恐れがあるでしょう。

民間で行われている販売促進方法としての導入以外にも、各自治体で主導するふるさと納税でも、納税額に応じて現金と同等に利用できる商品券や電子マネーで還元をしていますので、違法とは言えない為に政府では自粛を要請した経緯もありました。

キャッシュバックする事に対しては、景品表示法に違反している可能性を指摘する声がありますが、実は消費者庁が公式に規制対象とならないとアナウンスしています。

直接規制できない理由は上記の様になりますが、サービスの販売方法を国が制限する、ある意味自由を奪う格好にもなりかねませんし、長年に渡って指摘される声がある中で今なお対策が出来ていないのが実情でしょう。

こちらも商品が無いのに買ったことにする商品を買ったはずなのに送られてこないまたは送ったというとにするといういずれか一つでもあれば、もちろん出資法違法や貸金業法違反として判断されます。

返金式(返金率)の手順

これはごく少数の手法になりますが、よくあるネットショッピングサイトと同じサイト構成で運営されていますので、上記2つを用いる店舗と見た目がまったく異なります。

体裁として換金を業とする、クレジットカードのショッピング枠を現金化する業者では無い事を貫く必要がありますから、比較サイトやその他広告の露出は他の2つの換金方法に対しては少ない傾向があります。

購入する商品はダウンロード形式による販売が目立ち、ダウンロードという形式では商品の返品など出来るわけが無いのですが、クレジットカード決済はそのままに、返金を現金で行うという方法です。

ただし問題点が幾つも考察され、返金式の手法は無くなりつつあります。

しかし、商品を購入しクレジットカード決済が取り消しがされないというケースが目立っているようで、実際には振込がされなかったり、消費者問題の相談所に相談し、対応を図ってもらったものの振込がある意思はあるようで、それ以上はどうする事も出来ないと泣き寝入りしてしまう被害が口コミされています。

換金を希望する方を法律で罰せられた事例があれば、需要者は「申し込みをすれば捕まる」という意識が生まれて必然的に業者は廃業に追い込まれるものですが、実際に逮捕されるのは店員側のみです。

だからこそ、相手方は取引に合法性を持たせて換金を実現させるために、あの手この手と考えているのではないでしょうか。

管理人

ショッピング枠を利用するということは、商品を購入する事ということです。

商品の取り扱いが不適切で、この現金調達手段を利用するから仕方が無いものと判断する事は間違いであり、違法な店舗で換金を試みているということになりますから、悪徳手口に遭遇しているか否か判断する材料として覚えておきましょう。

内部カテゴリー一覧

情報量豊富な優良比較サイトのご紹介
クレジットカード現金化の優良店比較DX

2014年11月頃より開設された比較サイトの一つで、関連するキーワードを検索するとよく1ページ目に出てきます。

多角的な視点からメリットとデメリット、さらには業者や違法性に関する情報も発信されており、情報量豊富なサイトが少ない中で貴重な存在です。

店舗名を並べて業者の紹介のみに集中している比較サイトが多く、見るに堪えない情報が乱立する中で、リスクやマネーに関する豆知識も補完できます。
ショッピング枠現金化とは?優良店の比較

2013年8月頃より開設された比較サイトの一つ。

こちらも、長らく「ショッピング枠現金化」のキーワードで1ページ目に存在している実績からわかるように、更新頻度が高い比較サイトとしては唯一無二です。

他の比較サイトが記事やタイトル付けを真似している位ですからね。

近年は業者の裏側を暴くとして、多くの情報を発信する比較サイトが増えましたが、こちらの比較サイトがその走りとも言える存在です。

-クレジットカードのショッピング枠を現金化した方の口コミと体験談

Copyright© クレジットカードのショッピング枠を現金化【優良店と比較サイト】 , 2018 AllRights Reserved.