この頁の一番上へ戻る

クレジットカード現金化の比較サイトで掲載枠を販売している

クレジットカード現金化の比較サイトで掲載枠を販売している

クレジットカード,現金化,比較,サイト,掲載枠,販売

我々消費者は、いつの時代でも弱い立場であることは変わりません。

 

そもそも欲していたサービスを手に入れる為に、販売元に購入することに何も躊躇いが無く取引することと思いますが、もし、これが貴方や事業者が思いもしなかった広告で集客されているものだとしたら・・・どう思いますか?

 

事業者が直接集客するのではなく、第三者によって作られた情報によって利用者が申込みをしているというパターンで、これが正に比較サイトの立場にあります。

 

比較サイトで知識を得てから申し込み

 

消費者と致しましては、事業者に申込みをする手前の段階に位置される比較サイトの閲覧が経路ですから、ここで得た情報を基にして比較検討をすることが一般的です。

 

しかし、この比較サイトが広告報酬目的で運営されているとなりますと、その指定業者に流し込む為のサイト構造になって居る為、真実の比較情報とは言えないのです。

 

消費者としては堪ったものではありません。

 

それでもそのような悪徳比較サイトであるのか見分ける方法があり、サイト上で小さく書かれている「掲載について」「広告について」というような募集概要への内部リンクです。

 

これを見ますと、とあるサイトではTOPページに表示される掲載枠は20万円で、それよりも小さいページの下段やサイドメニューへのバナー掲載は5万円、さらにはほかのメディアサイトの紹介など・・・・ズブズブです。

 

掲載されているサイト数と、掲載料金の兼ね合いにより、1サイト当たり100万円以上の売上を立てる事が出来るように設計されているとされ、利益目的での運営が色濃いのか、発信される消費者向けの情報に関しては乏しいことも特徴として挙げられます。

 

本来であれば消費者視点で比較した掲載内容とならなければ閲覧者にとっては無価値で有り、何の知識も無い初心者だけが損をすることになると言えます。

 

その為、ランキング化されていない比較サイトはお店に対して気まずい情報をを発信することが出来ず、掲載したところで掲載枠を購入してくれるところが無いことが予測されますので、こちらも用心しておくと鬼に金棒でしょう。

 

しかし、掲載されていないお店もありますが、ただでさえ知る機会の無いクレジットカード現金化サービスですから、広告が無い業者ほど惨めなものはありません・・・。
無料で書き込みが出来るYahoo知恵袋やOKWaveへの自作自演回答などの努力が見受けられ、そこまで執着して営業する店員さんに対しては、仕事に対する熱心な情熱すら感じます。


はじめてのクレジットカード現金化を比較する方へ

クレジットカード現金化にマニュアル?悪徳比較サイトにご用心 クレジットカード現金化における全国対応は当たり前
クレジットカード現金化の優良店を考えてみる クレジットカード現金化比較サイトの評価はいろいろ

クレジットカード現金化は違法か?

顔の見えない相手が発信する情報を信頼できますか? クレジットカード現金化で購入する商品に注意!
クレジットカード現金化目的は規約違反だと知っておく クレジットカード現金化は将来的に消滅、撲滅されるでしょう

クレジットカード現金化の口コミと体験談

日頃からクレジットカード現金化を利用する強者の考え方 クレジットカード現金化を利用して幸せになれるのか

クレジットカード現金化に安心・安全を求める為に

続々と閉鎖するクレジットカード現金化サイト クレジットカード現金化は何度も利用して良い?
クレジットカード現金化は本当にWIN-WINの関係なのか? クレジットカード現金化よりも総量規制で絶好調な貸金業者
クレジットカード現金化の比較サイトで掲載枠を販売している クレジットカード現金化でAmazonギフト券が使われる背景

クレジットカード現金化業者口コミ

ギフトクレジットの評判は? ゴールドラッシュの評判は?
現金化のらいふの評判は? 森のギフトの評判は?
ホリデーギフトプランの評判は? amatera(アマテラ)の評判は?

クレジットカード現金化比較ガイドお問い合せ

【運営者情報】クレジットカード現金化比較ガイド