運営者情報

当サイトのプライバシーポリシーの確認や問い合わせ等はこちらからお願いします。

クレジットカード現金化比較ガイド運営者情報

サイト名

クレジットカード現金化とショッピング枠現金化の即日優良店とは?

運営

クレジットカード現金化比較ガイド事務局

電話番号&メールアドレス

悪戯や営業に関する問い合わせの防止のため、お問合せは下記からお願いします。

お問い合わせフォーム

以下のメールフォームからお願いします。
必要事項をご記入の上送信ください。
通常は24時間以内に回答させていただきます。

クレジットカード現金化とショッピング枠現金化の即日優良店とは?は、全国どの地域にお住まいの方でもクレジットカード現金化の相談や専門業者を無料で比較検討する事ができるサイトです。

無数にあるクレジットカード現金化業者の中から少数に絞ってランキング化していますので、ご自身のご事情に合った信頼できる専門業者を見つけてください。

また、当サイトは他の比較サイトの様に未成年に対して利用を促したり、既に経済的に困窮しクレジットカード現金化を利用する事について利用をオススメしてはおりません。

そもそも支払いが出来ない状態で利用しても、実質の経済環境、つまりマネーフローが伴っていなければクレジットカードの会員資格が取り消される事は明白だからです。

クレジットカード現金化業者での申し込みにつきましては、自ら希望する意思が無い限りは成立される事は無く、換金する事によるトラブルにつきましては一方的に業者を批判する意見が目立ちますが、そもそも比較検討されている方の責任については触れられる事がありません。

これはこのサービスに関わらず、世の中に存在するあらゆる業種に言える事ですが、消費者には権利がある事は当然という意識が強すぎて、消費者の責任について理解しなければなりません。

この消費者の責任について、国際消費者機構、略称でCIと呼ばれている国際的組織では次の項目が提唱されています。

消費者の責任

  • 批判的な意識を持つ責任
  • 行動する責任
  • 社会的関心を持つ責任
  • 環境への配慮をする責任
  • 連帯する責任

日常生活を送っていますと、身の回りの事については知っているけれど、関心や馴染みの無い事柄につきましては疎くなりがちですが、実は各自治体で今現在流行中のトラブルについて確認する事が出来ます。(例:東京都の消費者被害情報ほか)

店舗について評価・評判を点数という数値で表す比較サイトが増えておりますが、それは本当に利用された方々から得られたものなのか、慎重に比較する必要があります。

クレジットカード現金化を悪用した詐欺に注意してください

クレジットカード現金化業者による詐欺の被害が口コミで確認されています。

そもそもどのような経緯でその業者に申し込みをしたのか改めて思い返す事は難しいとは思いますが、最近は業者のホームページを見る手前の段階である比較サイトで何を見ているかが肝心では無いかと比較ガイドでは考察しています。

クレジットカードを所有する事は未成年でも可能ですが、未成年でも利用できると紹介している比較サイトも確認されていると言います。

換金を目的にした利用について未成年だから許されるという事も無く、未成年における法定代理人の存在がある以上は業者側で請け負っていない事が原則のようです。(クレジットカード現金化の優良店比較DX)

未成年の買取

しかし買取式の方法で換金をしている業者の中には、古物商許可番号について確認できない業者では、古物営業法に則った営業をしていない可能性が含まれており、本来であれば未成年に対する取引には特定の確認事項が必須のはずですが、未成年を利用させていないとする保証については一切ありません。

実のところ、全国で初めて逮捕された業者が現れたのは2011年頃とつい最近の事であり、その後も数は少ないものの年に数回はクレジットカード現金化に関する話題が挙がります。

その事例の中で詐欺であったという内容について確認されませんが、古物商営業許可を持ちながら正規の買取業とは異なる営業実態があったり、貸金業の正規認可業者が返済の滞った顧客にクレジットカード現金化を提供していたなどあらゆる側面が見られます。

また、動画サイトの閲覧による支払い方法の中で支払いが出来ない人に向けて換金を促していたケースもあるなど、単純に我々利用者が現金を必要としている目的以外にも相手方の目的でこの方法を取り入れているという悪質なケースもあるようです。

取り扱いが増えているAmazonギフト券につきましても、クレジットカード現金化に関わらずあらゆる詐欺で足が付きにくい決済手段として利用されている様で、コンビニで電子マネーや電子ギフト券を買わせる手口で詐取される事件が発生している様に、一度渡してしまってはキャンセル出来なかったり振り込みがされないというトラブルも相次いでいるようです。

各業者の換金方法は業者によって異なる事が多く、なるべく多くの比較サイトで情報を確認するべきで比較サイトにおいて紹介されないクレジットカード現金化業者につきましては見送った方が賢明でしょう。

プライバシーポリシー(個人情報の取り扱いについて)

クレジットカード現金化比較ガイドでは個人情報の保護を最も重要視しており、コンプライアンス、セキュリティ面を随時気をつけてより良いものに改変をしていきます。

その為、ご本人から個人情報をご提供いただく際に関わらず通信途上における第三者の盗聴等を防止するため前頁におきまして、SSL(Secure Sockets Layer)による暗号化またはこれに準ずるセキュリティ技術を使用しています。

クレジットカード現金化業者の中には、各種金融機関に関する項目について情報を入力する様に促している申し込みフォームがありますが、httpsから始まるURL表記になっていない業者での申し込みは推奨されません。

(ただし、ご使用されるデバイス環境によっては、まれにこれらの技術をご利用いただけない場合が御座います。)

その場合には通信途上における安全性が確保できない旨の表示を致します。

当HPは政治的見解、思想、人種・民族、本籍・門地、保健医療・性生活ならびに犯罪歴についての情報、いわゆる機微(センシティブ)情報に関しては、法令から依頼のあった場合を除いて入手致しません。

体験談の投稿

こちらのプライバシーポリシー(個人情報の取り扱いについて)において、個人情報とはこのホームページがインターネットを介して皆様からお送りいただいたお名前、〒、現住所、お電話番号等その使用者の方を推定できる情報を指しますが、クレジットカード現金化比較ガイドに提出していただく時のお名前、E-Mailアドレスお客様ご自身でWebページに直接入力していただく形となります。

なお、個人情報を入力いただく際には、その取得される情報が何か(お名前、電子メールアドレス等)を表記しており、個人情報の保護に関する法令及びガイドライン等を順守し個人情報を十分に注意して取り扱います。

免責事項

クレジットカード現金化比較ガイド(以下、当サイト)の御利用につきましての、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。

当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、事業者との直接取引になりますので移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

  • 当サイトの内容は、その時点で提供可能なものであり、無料で提供されています。
  • 当サイトの提供する情報などについて、その完全性、正確性、適用性、有用性などいかなる保証も行いません。
  • 当サイトのいかなる内容も、技術上不適確な記載や誤植を含む場合があり得ます。
  • 当サイトは、これらの文書に掲載されている製品やプログラムを何時でも、予告せず改良、変更することがあります。

当サイトは、いかなる理由によっての提供の遅延または中断などが発生しても、その結果当サイトを参照された本人または他の第三者が被った損害について一切の責任を負わないものとします。

クレジットカード現金化における個人情報との関係

本人確認は必須

クレジットカード現金化は現金調達方法としての利用目的が中心であり、事業者側も不正利用または他人名義や偽造クレジットカードを利用されたりすることが無いように、本人確認の手順が必須です。

これは全ての業者で行われていると言っても過言では無く、本人確認の説明がホームページ上で確認されることが無かったとしても、手続きを進めたり、問い合わせによる説明の中で盛り込まれる事になりますので、本人確認作業をしない店舗を探しても見つかることはありません。

当サイトはクレジットカード現金化を請け負う事は一切御座いませんので、「ここの業者の換金方法は大丈夫なのか」、「ここは安心か安全か」という詳細につきましては、実際に何社も調査を行っていますが、ランキングで掲載されていないと言う事は掲載されるまでも無いと言う事です。

ちなみに当サイトにおける問い合わせフォームにて、ご入力していただいた各情報や体験談について氏名や住所、その他パーソナルな個人情報について公開する事はなく、当記事前半部でも個人情報の取り扱いについて明記しています。

行われる本人確認とは、利用する毎に確認される場合もあれば、久しぶりに利用する時、特に初めてその店舗に申し込みする際には必然と手順の一つに組み込まれます。

確認の為に求められるものとして、公的な身分証明書、ところによっては顔写真付きの身分証明書が必須という条件で受付をしているところがあるなど、通常の貸金業者の様に法的な決め事がありませんので、各自が独自の方法を取っていると言えます。

我々消費者からすれば、まるで貸金業者の審査を受けているかの様に煙たい手続きになり得ますが、前述した様に現金を振込をする立場からしても不安な要素があると言う事であり、こればかりは避けられる事は無いものとして理解する必要があります。

さらに不安な要素として、相手方に伝える住所や電話番号、メールアドレス等の個人情報も流出についてですが、クレジットカード現金化業者だから特別な不安を感じる事と思いますが、世間一般的な大企業でも毎年の様にどこかしらで流出する事件が発生しています。

このサービスに関するネガティブワードを調べてみますと、振込スピードが遅い、対応が悪い等の内容は見受けられますが、個人情報の流出に関するトラブルについては見つかりませんでした。

運営する側もこのようなサービスですから、起こってしまった日には信用問題に繋がり自爆する様なもので、個人情報の取り扱いは慎重に管理されているのではないかと考察しています。

当サイトでは、会員登録やその他個人情報の送信によって情報を閲覧する事無く、誰でも無料でショッピング枠現金化に関する情報について収集・確認する事ができるように努めています。

各比較サイトの尽力や利用者の口コミ、体験談等によって、業者で行われている換金方法や商品の扱い方、手段やインフラについて大まかなな内容は既にWEB上で確認する事が出来るようにまでなりました。

それでも商品の媒介物を変える事で、表向きはショッピング枠現金化とは異なる商売に装う手口も横行し始めており、全国初の経営者が逮捕されたニュースが駆け巡った頃には減少傾向だった店舗数も、媒介物の商品に関係なくカウントすると右肩上がりの傾向を感じさせます。

両手では数え切れない数の店舗を一軒一軒、確認するよりも最初から厳選比較された状態で比較検討する事の方が余程効率的と考え、余計な数の業者をランキングに数える必要は無く、本来比較検討されている方にとってもその方が利便性は高いはずです。

比較サイトの数は検索結果で表示される1ページ当たりの件数は10件表示が基本ですので、実際に見ようとすれば2ページから何十、何百ページと見る事は出来ますが、普通なら最初に表示されるショッピング枠現金化関連のサイトしか閲覧する事が当たり前です。

検索結果で表示させる事を目的にした更新が現在過剰なまでに行われており、ショッピング枠現金化のメリットやデメリット、業者を選ぶ上での注意点等とは全く関係が無い記事が正にその対象で、検索エンジンは更新するサイトを好む観点から、比較サイト運営者はネタ切れであろうと書き続けるしか無い事がその裏側にはあります。

こんな比較サイトは...

特にブログやキュレーションサイトの様な見た目で、目に入ってくる情報の多くが記事に飛ばしている内部リンクが大量に張られている比較サイトが、上記の目的で更新されていると考察され、もし現在ショッピング枠現金化を比較検討している方でしたら、閲覧する情報には気を付けましょう。

これは他の現金調達方法を調べる際でも、銀行や銀行系消費者金融、カードローンの分野にも同じことが言え、貸金業界全体で広告の自主規制が敷かれている中でネット上では利用者の獲得の為に広告が乱立しています。

一億総活躍社会の実現を国は目指しており、高齢になっても働く事が当たり前の世の中になろうとしているのですから、ショッピング枠現金化も長い目で見れば必要な現金調達策の一つではないでしょうか。

ショッピング枠現金化業者には十分に気を付けてください

ショッピング枠現金化業者は換金する事について安心と安全を謳っているケースがありますが、どれも発生したトラブルについて保証してくれたり責任を被ってくれるというオプション的な要素は何一つありません。

こうした内容を掲載する意図は社会的に問題視されている傾向は既にご存知の通りであり、特に最近はホームページのデザインをPOPに仕上げて比較検討者が閲覧したときの事を考えた作りこみがされているようで、金策に利用される業者とは思えないカワイイコーディングが目立ちます。

悪徳業者の要素として見栄えが良くない事を項目に挙げている比較サイトも一部ではありますが、ショッピング枠現金化という本質が変わるものではありません。

しかしながら一概に全ての業者が悪徳であるという事も無く、比較サイトで情報を収集し自分自身で問い合わせを行い照らし合わせていく作業が最も効率的な比較方法です。

ましてやクレジットカードの持ち主は紛れもなく貴方の名義ですから、換金を目的とした決済が発行元で定める規約について同意した上で行われる可能性を忘れてはいけません。

目の前の現金という名のエサに釣られ、一度悪徳業者に申し込みをしただけでトラブルになっては本末転倒です。

クレジットカードが一度利用停止になってしまいますと、他の会社が発行するクレジットカードも利用停止になる可能性があり、さらにそれが家族カードであれば身内に迷惑を掛ける事になるでしょう。

以前に比較サイトとして運営されていたコンテンツは、ただ単純に業者を掲載するだけというものでしたが、それに比べまして今現在の比較サイトでは掲載される情報が随分と豊富になりました。

これまでに特定業者のみを利用していた方も、積極的に情報を手に入れましょう。

また、ショッピング枠現金化比較ガイドではショッピング枠現金化業を請け負う事は有りませんし、広告掲載枠の募集を一切行っておりませんので、掲載に関するお問合せにつきましては破棄させていただきます。

サイトマップ

内部カテゴリー

記事カテゴリー7選
はじめてのクレジットカード現金化を比較する方へクレジットカード現金化は違法か?
ショッピング枠現金化の仕組みクレジットカード現金化に安心・安全を求める為に
クレジットカード現金化の店舗をご紹介&口コミもどうぞ!クレジットカード現金化の口コミと体験談
特定地域に特化したクレジットカード現金化業者
情報量豊富な比較サイトのご紹介
クレジットカード現金化の優良店比較DX

2013年11月頃より開設された比較サイトの一つ。

多角的な視点からクレジットカード現金化の情報を発信されており、情報量豊富なサイトが少ない中で貴重な存在です。

店舗名を並べて業者の紹介のみに集中している比較サイトが多く、見るに堪えない情報が乱立する中で、リスクやマネーに関する豆知識も補完できます。
ショッピング枠現金化優良店案内所

2013年8月頃より開設された比較サイトの一つ。

長らく「ショッピング枠現金化」のキーワードで1ページ目に存在している実績から分かるように、更新頻度が高い比較サイトとしては唯一無二です。

近年は業者の裏側を暴くとして、多くの情報を発信する比較サイトが増えましたが、こちらの比較サイトがその走りとも言える存在です。

投稿日:

執筆者:湧井平治

Copyright© クレジットカード現金化とショッピング枠現金化の即日優良店とは? , 2017 AllRights Reserved.