違法性

カードで購入し現金を返金してもらう方法はある?

クレジットカードで購入し、現金で返金を求めるという方法で現金調達を考えている方がいらっしゃるようで、実際に私も現金で返金された体験をしています。

それはクレジットカードのショッピング枠を現金化する業者での申し込みとは異なる方法で、別に狙って決済してた訳でなく、あるサービスの支払い方法としてクレジットカードを用い、それが履行されなかった事による取引内容でありますが、当然相手方のある事であり、これを目的にした換金には以下のような注意事項が考えられます。

これまでクレジットカードのショッピング枠を現金化する仕組みとして、「買取」と「還元」が主流でありましたが、ごく一部では返金の仕組みを用いている事業者もいる事が事実です。

しかし、事業者が提携している決済会社に対する目くらましから、表向きは健全なサービスを提供している必要性があるようで、他の業者とは異なり大々的に「クレジットカードのショッピング枠を現金化」と宣伝、集客が出来ない事があまり知られてはいない理由でしょう。

現金の返金を目的に買い物をする事自体が不自然

そんな事は当たり前ですが、現金が無くてクレジットカードなら持っているのであれば、クレジットカード決済で生活を凌ぐべきかとは思いますが、それでも現金でしか支払えないものに対して支出項目がある方にとっては一大事です。

現金で返金を比較検討している方は、「返金式」によるクレジットカードのショッピング枠を現金化する業者、もしくは自分自身でどこかで手続きが出来ないか考えている方の2通り想定されますが、返金とは言え最終的にはショッピング枠枠を利用して現金を手に入れる事を目的としているのですから、主流の換金方法であるキャッシュバックと商品買取のクレジットカードのショッピング枠を現金化する事とまったく同じ事です。

クレジットカードの使い方に関する規約についておさらいです。

  1. クレジットカードのショッピング枠を現金化する事は違法なの!?
  2. 銀行や銀行系消費者金融のように信用情報機関への個人情報の照会や提供はありません。

    ショッピング枠を通じて買い物をし、購入した商品を介して買取式に代表されるように商品取引が行われた上で現金を手にする事になりますので、通常の査定や実態が無い取引は違法業者としてすでに逮捕されている実例がありますが、利用者が逮捕されたということ例につきましては報道がありません。

    逮捕されている業者がある中で、今も営業を続けられている業者は合法の範囲内で、クレジットカードのショッピング枠を現金化する事を請け負っているものと推測され、その中でも優良と悪徳の区別が行われているように多数の業者が参入し、ひしめき合っている状態です。

  3. クレジットカード会社では利用規約で禁止事項にしている
  4. クレジットカードのショッピング枠を現金化する事を目的とした決済が確認されれば、問答無用で利用停止処分と、請求額の一括請求が見込まれます。

    これは還元式、買取式、返金式のいずれに関わらず、業者に申し込みしたからということだけではなく、自分自身で換金の手続きをすることも含まれますので、利用停止というリスクを絶対に回避して現金を手にする方法は無いということです。

このような事を理解していないのにも関わらず、目先の現金欲しさに危ない橋を渡る必要はありません。

現金で返金してくれるクレジットカードのショッピング枠を現金化する業者や、方法を探している方にとって、こうしたリスクやデメリットの説明は目をつぶりたくなる情報ですが、決して目を逸らしてはなりません。

次に、クレジットカードのショッピング枠を現金化する業者で行われている返金と、自分自身で行う現金で返金を受け取る方法についてまとめます。

  • 専門業者の場合
  • 表向きは何等かの商品やサービスを提供している業態とされており、クレジットカードのショッピング枠を現金化する業者として表向きは営業していない為、比較サイトや広告で知る機会はありません、

    しかし、当然悪徳業者や悪質であればその名は露わになっておりまして、記事の下部で他の比較サイトの記事を紹介しているように、業者の数も少ないだけでなく元から騙すつもりでいるケースもあります。

    表向きは普通のサイトを装っていますので、その商品やサービスを普通にクレジットカードで購入してもらったということで、返金に応じないという利用者の心理を突いた悪質な手口です

  • 自分自身の場合
  • 自分自身で決済、返品、現金で返金してくれるところを探すしかなく、私自身は換金を目的に利用したつもりではありませんが、結果的に某所で現金で返金された経験があります。

    前述した様にここでその相手先を紹介する事は迷惑になってしまいますので致しませんが、こればかりはネット上での口コミや体験談を自力で探すしかありません。

    しかし、前述した業者は広告を出来ませんので、自作自演の無料ブログを作って比較検討者を募っている事を確認しています。

    クレジットカードのショッピング枠を現金化する業者を紹介する比較サイトでも、業者に申し込みさせようと未成年を誘導しているケースもありますのでご注意ください。

当比較サイト以外にも、クレジットカードのショッピング枠で決済されたものを、現金で返金する事について記述しているサイトがあります。

それぞれの情報は異なる記事ですが同一の比較サイトの情報で、すでに何年も更新されているクレジットカードのショッピング枠を現金化する業者を紹介している比較サイトで、デメリットについてもしっかり掲載している比較サイトはハッキリ言って珍しい存在で貴重です。

この記事よりも前から発信された情報ですので、「現金で返金」を比較検討している方にとって必要不可欠な内容です。

番外編:メルカリでクレジットカード決済による返金は可能でしょうか?

近年はクレジットカードのショッピング枠を現金化するという金策の方法が世間を盛り上げる事はありませんでしたが、国民的フリマアプリで換金が可能である事が大手メディアで取り上げられたり、面白可笑しくネタとしてまとめブログでも取り上げられましたので、関連キーワードの検索順位がかなり荒れました。

これを業としている店舗は数多くあるのにも関わらず、誰もが簡単に利用できるアプリを媒介しての取引ですから、この金策に格好が集まったとしても業者に資金需要者が集まることは考えにくく、むしろメルカリでの換金に拍車が掛かったのではないかと当サイトでは考察しています。

女性

結局、資金調達にこのフリマアプリでクレジットカードを利用して返金をする事は可能なの?

流行りに便乗する形になりますが、返金という仕組みで換金する事は可能なのか調査しました。

返品返金条件

返金・返品に伴う必須条件として、まずは受取評価を必ずしない事が求められます。

届いた商品の不備について確認の後に評価をするものと規定されている為に、どのような形であれ受取評価をしてしまうと、返金・返品に応じる事は一切ありません。

出品者との連絡にて返金・返品の手続きが通常の方法ですが、出品者との連絡が付かない、または応じないという場合には運営側で処理されます。

数は少ないですが、記事前半部でご紹介した様に返金式で換金を請け負う店舗もありますが、この場合ですと店舗は返金を目的に運営されているのですから(表向きはどうであれ)、メルカリの様に第三者の立場で間を挟む事は無いですから、円滑に現金が振り込まれます。

しかし、メルカリの場合ですと、監視する立場である運営側は出品者と購入者との取引が可視化されます。

今現在は、現金そのものや換金性の高い商品は出品は事実上不可能ということで、フリマアプリを利用した返品返金は終わりを迎えていると言えます。

これまでは、購入した商品に現金を景品として付属したり、紙幣そのものを商品とする事で現金を受け取ることが出来ましたが、返品による返金を目的とする取引の場合ですと、これだけ注目が集まった中で返金については何も無かった事、注目が集まりだしてから運営側の目視による監視が高まっている事から、現実的な金策とは言えないでしょう。

この手段を選ぶ方の背景には、専門業者で申し込みをする事に抵抗感がある方が中心ですが、そもそも手数料という観点から見れば特別安くなるような事も無く、換金を目的とした購入である事についてのリスクヘッジは、当然専門業者の方で練られています。

その一方で、フリマアプリの運営元ではクレジットカードのショッピング枠を現金化する事を目的とする利用は排除していく方針です。

結局はどちらも無縁であるべきですが、プロフェッショナルに相談する事が意外と安全に利用が出来るのではないでしょうか。

ABOUT ME
湧井平治
実際に業者を利用したら酷い対応を受けた体験からサイトを開設しました。クレジットカード現金化とショッピング枠現金化は同じです。優良店を見つけるコツと比較サイトについて更新中です。
関連記事