クレジットカードのショッピング枠を現金化する事は違法か?

多重債務者やブラックリストでも申し込みする事はできますか?

投稿日:

ブラックリストにクレジットカードのショッピング枠を現金化する事を勧める比較サイトに要注意

総量規制の施行された前後の年に最盛期を迎えていたクレジットカードのショッピング枠を現金化する業者たちですが、その当時の業者数や中身の無い広告報酬目的の比較サイトの乱立は凄まじいモノがありました。

年収制限に捕らわれない金策方法として、2chのトップページへのバナー掲載やリスティング広告など、今では見る事が出来ない露出方法で積極的な宣伝を武器に注目を集めました。

国民生活センターが発表する情報について確認しますと、毎年この業者に関するトラブルについて減少傾向にある事を確認できます。

業者の動向について確認する前に、この現金調達方法の何が問題視されているのかあらためて整理しておきましょう。

  1. 多重債務者を増やしてしまうキッカケを作ってしまう恐れ
  2. クレジットカードのショッピング枠を現金化する行為における問題の一つとして挙げられるのが、「多重債務」や「ブラックリスト」の属性にある方でも、時と場合によっては換金する事が出来てしまう恐れがある事から、債務を増額させてしまう事になり兼ねない為です。

    また、すでにこの現金調達方法を比較検討している時点で預貯金が無い事が想定されます。

    管理人

    債務を抱えていない方もいれば、すでに複数の業者から借り入れをしているという方もいらっしゃるとは思いますが、この統計を把握することはできません。

    クレジットカードのショッピング枠を現金化する業者では、簡潔に手続きが済みますので、銀行や銀行系消費者金融での対応に期待が出来ない方にとって必要な現金を作り出してくれるものですが、根本的な解決に繋がる事はなく、収入でもありません。

    これはあらゆる現金調達方法に言える事ですが、金銭を考えますと、トータル的に債務は必ず増えるからこそ、とくに信用情報機関への照会がされない事により、超過してしまう恐れがあるということで問題視されているのです。

  3. u<>クレジットカードのショッピング枠を現金化する行為は規約違反
  4. クレジットカードのショッピング枠を現金化する業者を比較検討中にある方にとって、なるべくリスク無く現金調達をしたいものです。

    しかし、換金を目的とした利用についてすでにクレジットカード会社で履歴が蓄積されている為、とくに自分自身で換金の手続きをしようと試みている方にとっては規約違反による利用停止の可能性が高まります。

    クレジットカードを所有している以上、その利用目的は本人次第ではありますが、そのクレジットカードは自分の物ということではなく、建て替えて払ってくれている発行会社が管理しているものです。

    ショッピングをする度に、発行会社の社員がチェックする事なんてありませんよね?

    クレジットカードが名義人の手元にあっても、不正利用に対する目的についての処分が利用規約という形で制限されているのです。

業者のいうメリットの側面には上記の要素が考えられている為に、社会的な影響が及んでいる背景があるのですが、注目を集めだしたのはインターネットの普及の歴史に伴っています。

実際に、はじめて逮捕された業者が現れるまでには、業者の数だけでなくあらゆる媒体でサービスの紹介や広告を見掛けていました。

事業としまして、業者はとくに資格や許可という免許制度なるものは有りませんでしたので、インフラ環境と体力となる資金さえあれば誰でも参入できるというハードルの低さから、続々新規参入する業者が現れたのも丁度この頃ではないでしょうか?

しかし、既存の老舗業者に立ち向かって行った新規参入業者たちは、すでにその戦いに敗れており、今現在では数多くのお店が無残にも「404」表示、つまり閉店が確認されています。

金策に奔走する者たちの受け皿となったクレジットカードのショッピング枠を現金化する実態を重く受け止め、公安委員会で正式に広告規制を設けるように各メディアに通達をしたことも記憶に新しく、現在の2chのように次第に露出することが無くなり、サービスそのものを知るキッカケは少なくなりました。

業者の広告を目にする機会は確実に減っている

人目に付かなくなったことで、今度は検索順位に目を付けた業者たちは、次々とサイトを作成していきます。

しかし、そうした店員の努力もむなしくパンダアップデート・ペンギンアップデートと呼ばれる検索エンジンの評価基準の度重なる変更により、コンテンツ品質に欠ける宣伝ページの順位はペナルティ扱いを受け圏外に飛んでいく始末。

いまや検索結果の多くは注意喚起の内容を含むページが割合を占めており、新しく媒体を見つけると争奪戦になるようで、広告サイトの中には電話が殺到する為にメールでしか対応しない、なんて記述を確認することも出来ます。

またはAmazonギフト券に代表されるように、媒介物を変える形で●●買取、などと謳い文句の幅を広げて根気強く営業を続けている業者もあります。

管理人

このように、年月の経過により露出先が減少している背景と、総量規制から約5年以上経過したことにより、司法書士の過払い請求案件が減っている事が表しているように債務に関する社会問題は施行前よりも遥かによい状況になっています。

お金に困ると言いましても、人それぞれの価値観があるわけですが、借金をするまでに至らない範囲でお金が無いというのは、まだお金を持っている方です。

施行前は借りなくては生活が成り立たない人がゴロゴロ居たわけですから。

今後も確実に債務を抱えている人が減り、広告の露出が出来ないともなれば自然と比較検討者の絶対数が減少、現金調達の方法として銀行や銀行系の消費者金融に需要が集中し、業者は廃業していく道ではないでしょうか。

内部カテゴリー一覧

情報量豊富な優良比較サイトのご紹介
クレジットカード現金化の優良店比較DX

2014年11月頃より開設された比較サイトの一つで、関連するキーワードを検索するとよく1ページ目に出てきます。

多角的な視点からメリットとデメリット、さらには業者や違法性に関する情報も発信されており、情報量豊富なサイトが少ない中で貴重な存在です。

店舗名を並べて業者の紹介のみに集中している比較サイトが多く、見るに堪えない情報が乱立する中で、リスクやマネーに関する豆知識も補完できます。
ショッピング枠現金化とは?優良店の比較

2013年8月頃より開設された比較サイトの一つ。

こちらも、長らく「ショッピング枠現金化」のキーワードで1ページ目に存在している実績からわかるように、更新頻度が高い比較サイトとしては唯一無二です。

他の比較サイトが記事やタイトル付けを真似している位ですからね。

近年は業者の裏側を暴くとして、多くの情報を発信する比較サイトが増えましたが、こちらの比較サイトがその走りとも言える存在です。

-クレジットカードのショッピング枠を現金化する事は違法か?

Copyright© クレジットカードのショッピング枠を現金化【優良店と比較サイト】 , 2018 AllRights Reserved.