違法性

未成年でも業者に申し込みする事はできますか?

未成年

ここ数年、「未成年でもクレジットカードのショッピング枠を現金化する事が出来る」として紹介する比較サイトが現われ始めましたが、大人さえも利用を躊躇する現金調達方法だけに、、未成年でも換金が出来る事実があるとすれば、それは社会的にも非常に関心が集まるはずですよね?実情について調べてみました。

親から渡されたり、18歳以上ですでに就業している方、20歳未満で有りながら婚姻して成年擬制とみなされている方が、未成年でもクレジットカードを所有できる方の条件です。

それならば、「お金が足りないなー」なんて時には、クレジットカードのショッピング枠を現金化する事が出来るのかと言いますと・・・

そんな事は無い

親から預かっているとなると未成年者の名義で審査を通したクレジットカードでは無く、親の審査結果の元に発行された家族カードである事が推測されますが、20歳未満ですと、問答無用で受付対象外になるでしょう。

当然ですが高校生もNGです。

バイトをしているとしても、発行元が高校生に対してクレジットカードを発行する事はありません。

しかしデビットカードと呼ばれる、自分自身の口座にある預貯金の範囲で使えるタイプは取得可能ですが、この場合…業者に依頼するような間違いはしないと思います。(笑)

ただし、前述したように未成年ながら結婚されている方は可能かと思われますが、結婚している事を証明する為に住民票や戸籍謄本の提出が求められる可能性があるでしょう。

世間一般的な身分証明が可能と言われるものは、婚姻を確認する事のできる項目は有りません。(運転免許証であれば苗字の変更履歴を記載できますので可能かと思われる)

基本的に婚姻していない未成年者(20歳未満)については総じて利用できないと理解してください。

未成年はムリ?そもそもクレジットカードのショッピング枠を現金化する業者は誰に需要があるの?

クレジットカードのショッピング枠を現金化するにあたって、基本的な事について振り返ってみますと、未成年でも利用可能かどうか判断する事は容易です。

すべての業者において、申込みを行う前に、まず使用するカードのショッピング枠残高が利用可能な状態か確認する必要が有ります。

クレジットカード会社から毎月送付される請求書の利用可能残高に記載してありますが、確認が出来ない場合は直接発行元に電話確認してみるとよいでしょう。(電話番号はクレジットカード裏面に記載されています。)

キャッシュバック式ならば、キャッシュバック特典付商品をクレジットカード決済で購入して、その商品購入金額に相当するキャッシュバック現金を銀行口座に送金して貰うか、購入した商品を買い取って貰うという仕組みですから、使えなければ使えないんです。

通常のショッピングと同じ原理ですが、支払いについて使用したクレジットカード会社に対して行う事を理解しないで申し込みするような事が無いようにしましょう。

リボ払い・分割払い・ボーナス一括払い等、自分に合った返済プランが自由に選択出来ますが、当然のごとく利息が付きますのでその点も考慮して返済プランを計画することをオススメします。

こうした内容を未成年が履行するとは到底考えられたものではありませんし、今回の記事で挙げた事例以外にも、換金する事に対するリスクやその他の側面について考察していただけるとわかるとは思いますが、これを未成年にアナウンスする比較サイトの真実というものが見えてきます。

それでも一部の比較サイトでは未成年でもクレジットカードのショッピングを現金化する事ができると紹介している

どのような経緯で当サイトにお越しいただいているのかはコチラではわかりませんが、多くは未成年でもクレジットカードのショッピング枠を現金化する事ができる業者について調べている方が中心であると思います。

もし未成年の方で当記事に訪れている方非常に幸運です。

先ほど未成年は利用できないという紹介をしましたが、一部の比較サイトでは業者を掲載し、「ここなら受け付けてくれる」という印象を抱かせる内容を掲載しています。

しかも、ダメ元で申し込みだけでもしてくださいと、とりあえず「業者申し込みフォームへのリンクを経由して、申し込みをして欲しい」という意図は感じますよね。

これが悪徳比較サイトの本音と裏側を露呈している箇所であり、申し込みをさせる⇒クレジットカードのショッピング枠を現金化する業者⇒お金⇒比較サイト運営者という図式が成り立つのです。

もちろん換金できるはずもないですし、もし悪徳業者に引っかかってクレジットカード決済されても換金されずに、ただショッピングしたことになっている等、思わぬトラブルになり兼ねません。

より詳しく紹介している情報がショッピング枠現金化を未成年者は利用できるのだろうか?にありますのでご参照ください。

このように、未成年でも申し込みできると紹介している比較サイトもあれば、未成年は申し込み出来ないと紹介する比較サイトがあるように、単純に業者が悪いケースもあれば、比較サイトが業者や未成年を騙しているケースもあるのです。

未成年でも利用できる現金調達方法は無いの?

春先は新生活を迎える方が多いのか、当記事も未成年に関するこの記事にアクセスが集まります。

高校を出てから働き始める方も、進学する方も総じてお金に苦労しない人の方を探す事の方が大変なくらい、この時期は何かと支出しますよね。

世間一般的な貸金業者で行われる信用情報の照会が無い事で、通常の手段では金策が難しい方に少なからず需要が存在しています。

未成年は社会的立場として保護される事が当たり前ですから、契約事項の確認には必ず保護者による同意を得る必要があります。

法律においても社会的にも未成年がとる行動に対しては、責任の所在が本人以外にも及ぶ事になります。

管理人

現在閲覧中の未成年の方は、今一度このサービスを利用して、支払いが困難になった時の事を想定してみてください。

おそらく多くの方が保護者は両親や親族だと推測できますが、自分では無く保護者が発行元から請求される金額の支払いやトラブルになった際には関係する相手方とのやり取りを強いられる事になってしまいます。

誰にも知られたくなかった事が知られてしまい、挙句の果てには迷惑を与えてしまう事が容易に想像できますよね?

信用情報機関における個人情報については、若気の至りでは済まされない程に繊細であり、大切にするべきものです。

基本的に未成年を受け付けている店舗は無いと当サイトでは見解を持っており、これまで説明しているように未成年でも利用できるとして告知されている比較サイトに関わらず、大手以外の貸金業者と思われるところに申し込みさせようとしている情報サイトにおきましても、未成年を申し込みさせる事で得られる報酬目的にしか過ぎません。

進学された未成年の方であれば、奨学金による借金がもっともオススメですが、これ以上にお金が必要とするならばアルバイトする事もオススメであり、業者数こそ少ないのですが、学生街ですと学生ローンと呼ばれる貸金業者もある事は珍しくありません。

もっとも親族にお世話になることがもっとも利己的な方法ですが、迷惑をかけるにしても生まれてこの方学業に関わる支出というものは、ご自身のお子様であれば寛容に考えたり、覚悟を持って日々の生活をされているはずですし、ご相談する事を恥ずかしがっても仕方がありません。

働きに出ている未成年の方は、会社の寮に入るなど得られるお給料の中で何が出来るのか、社会の勉強期間になります。

好き勝手に使えるお金なんて簡単に手に入るはずも有りませんし、潔く我慢する事も人生の中では求められます。

何にせよ縁の切れ目がこの金策とならぬように、そして何よりもクレジットカードのショッピング枠を現金化する行為を、未成年が利用しないよう当サイトでは注意喚起をしています。

ABOUT ME
湧井平治
湧井平治
実際に業者を利用して、酷い対応を受けた体験からサイトを開設しました。クレジットカード現金化とショッピング枠現金化は同じです。優良店を見つけるコツと比較サイトについて更新中です。
関連記事