はじめてクレジットカードのショッピング枠を現金化する業者を比較する方へ

【借金】クレジットカードでお金を借りる【借り入れ】

投稿日:

クレジットカードでお金を借りるサービスですか?

専門性のある比較サイトの中に、融資(貸付/借入など)としてキャッシングの情報とあわせて紹介しているケースがあります。

特定業者を紹介しているとしても、そのサイトは「実際にその業者で換金をした経験をした事が無い」、あるいは「換金までのプロセスについて理解していない」と推測ができ、特徴として「クレジットカードでお金を借りる,作る」など抽象的な表現と甘い言葉だけが並んでいます。

その手順においてお金を貸し付ける行為は一切行っておらず、「融資/貸付/借入できる」として紹介している情報はすべて悪意の比較サイトとして判断するようにしてください。

キャッシングと同等の位置付けで店舗を紹介している比較サイトの例と致しまして、「カードでお金を借りる」、「クレジットカードをお持ちならお金を借りる事が出来ます」という文面を確認済みです。

管理人
実際の文面を、該当する比較サイトから抜き出してご紹介します。
注意
審査不要のクレジットカードの現金化ならだれでもお金が借りられる
シングルママでもOK!クレジットカードの現金化なら審査が不要で借りられる
クレジットカードでお金を借りる仕組みです
ブラックでもお金が借りられる安全なクレジットカード現金化情報
即日融資OK!少額のご融資もお気軽にお問合せ下さい♪

キャッシングと同じ内容であると誤解して申し込みをしていただきたく無い為、URLの掲載は控えさせていただきます。

とくにお金の悩みは、人間がもっとも苦しむ事柄であり、並大抵の事では解決しません。

冷静な判断力を失い、簡単に甘い言葉に騙されて申し込みをした挙句、業者からは「クレジットカードでお金を借りるところではない」と突き放されるだけで時間の無駄です。

貸金業者として判断される背景には、クレジットカードのショッピング枠を現金化するサービスとして集客をしていながら、実際にはお金だけが動いていたり、お金の取引であれば無登録の貸金業者としてみなされる等の背景があります。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する業者を利用する事は、心なしかどこかで借りている感覚に近いのかもしれません。

店舗によっては「貸金業では無い事を理解しているか」という申し込みフォームに確認の項目を設けていたり、お知らせで金融行為は行っていないと告知する掲載文を見る事があります。

借金や融資と勘違いされている方が多い事が伺えますが、同じ仕組みであると誤認識するよりも、内容を知れば知るほど有効に利用できます。

株式会社NTTデータ経営研究所のデータによると、借金をする人の工面したお金の使途を分類した際には、5つの使い方に分ける事が出来ると発表しています。

  1. 生活維持借り入れ
  2. 多重借り入れ
  3. 一時借り入れ
  4. 趣味・娯楽
  5. 小額借り入れ

上記5つで、「生活維持借り入れタイプ」が約4割を占めており、もっとも多い属性であるそうです。

POINT

このタイプの人は、収入が減ったり職を失ったりして生活維持の為に数社から借り入れを行っているとされ、割と返済能力はあり、30代既婚の女性が多いそうで、意外なことに持ち家比率が高い統計が得られ、まさにローンに押し潰されそうなイメージが湧きますね。

残り4つのタイプに属している方でも、共通して収入が安定している方もいれば、持ち家比率が高いことが挙げられ、返済能力があり暮らしが安定しているにも関わらず借金をしている方は誰にでも陥ってしまう可能性は有るということです。

借金をする人のイメージとして、生活苦で支払い能力も低いが借金をしなくては生活ができないという考えはもう古いようですね。

一般の方でも気軽に借金できるような環境が整っているということでしょうか?

最近では銀行系消費者金融のCMが強く露出をされており、総量規制によって債務を抱える人の割合が減り続けていましたが、近年は底が見え、逆に自己破産をする人が増え始めた事に加え、法律の隙間を突いた「おまとめローン」が債務者を増やすキッカケになっている事が再度社会問題として報道も出ています。

業者を紹介する情報は貸金業と似ても似つかない情報が多すぎる

お店のページを開けばすぐにわかる情報を掲載する比較サイトが沢山存在しています。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する事についての情報ではなく、単純に業者を紹介しているだけでデメリットについてまったく触れていないという内容で、業者やサービスについて調べようとしたときに閲覧する可能性があります。

もちろん、これも中身の無いコンテンツですから、「換金率●●%」「即日振込」「20●●年度顧客満足度第一位!」などと、よくわからない称号を与えられている業者を目にする事がありますが、そんなコンテストはもちろん、オリコン等第三者機関で調査されているなどあり得ない話ですから騙されてはいけません。

雑誌に掲載されたとして、雑誌の一面として画像を掲載している形もありますが、誰でも故意に作ることが出来る時代ですし、具体的な刊行本の名称や発売年月日の記述が無い以上、信用するに値しません。

中にはファイナンシャルプランナーならぬフィナンシャルアドバイザーという、架空のソレっぽく聞こえる変な女性に業者の宣伝文句を言わせている悪徳業者もおり、情弱な方がコロっと騙されているのかもしれません。

あの手この手で金策に明け暮れる貧困者に対し、いかに利用してもらうか常に考えて業者は宣伝されていると考えますと、溢れた情報の中には店員が工作している内容も交じっていると考えてもいいのではないでしょうか。

こんなことはありませんでしたか?

「換金率は80%です」→計算したら60%だった

完全な言葉のアヤで、金額を確認せずにパーセンテージにこだわった挙句に騙されてしまうパターンですが、今もなお営業中の業者の一つですから気を付けてください。

とくに高い還元率・換金率を、ホームページ上だけでなく「最初の」説明で織り交ぜてきた場合には以下の事を気を付ける必要性があります。

  • 手順が進んでから、手数料の説明をされる
  • 最初の高い換金率・還元率から引かれますから結果的に・・・そういうことです。

  • 買取式の場合、即日で無い為に見込み客の意欲を無くさないようにする
  • 日にちが経てば、そこから手数料が引かれてもキャンセルしにくくなってしまいます。

  • 振込確認時に説明と異なる金額だった
  • 問い合わせると手数料を引いた金額と説明され、結局泣き寝入りになってしまいます。

また、業者間での比較の際に少しでも優遇を受ける為のテクニックとして、複数の業者にまずは問い合わせを行い、順にその時の見積もりを持ち出して、他社と競合させるという、値切り交渉(?)する事が、当サイトでの調査経験上もっともお手軽な方法です。

クレジットカードのショッピング枠を現金化した際の返済は、割賦払いが可能

業者によって決済された金額をすべて一括払いで支払いをする必要性はありませんので、支払いを分ける事が出来る旨をメリットとして業者や比較サイトでは紹介されています。

ショッピング枠現金業者に申し込みをして決済された支払方法は、通常の一括払いだけではありません。

もちろん、業者によって一括払いでしか受け付けられない(後で自分で変更)ところもあれば、分割払いで請け負う業者もあるという情報が他の比較サイトで掲載されていましたが、当サイトで確認している各換金方式における割賦払いの状況についてまとめました。

  1. 還元式
  2. 還元式であれば、一括払いの選択が多い事を確認しています。

  3. Amazonギフト券買取式
  4. Amazonギフト券を換金の媒介物としている業者につきましては、商品の購入先がAmazonになります。

    Amazonで購入されたことのある方は多くいらっしゃると思いますが、Amazonでは支払い方法の選択をする箇所は存在しませんので、必然的に一括払いの選択になります。

  5. 買取式
  6. こちらも同様に、業者が買取をする事は変わらないのですが、肝心の商品購入先が業者で用意されている物販サイトであるか、またはAmazonギフト券の買取の様に、指定した商品を購入し送らせる方法なのかで変わってくるようです。

    業者が物販サイトを用意している場合には、一括払いである事が多いようですが、指定した商品を購入する場合には、業者とは関係の無い物販サイトで購入することになります。

    有名な商品としてはブランド品や時計が挙げられますが、こうしたお店では一括払いだけではなく、分割払いにも応じてくれるお店がほとんどです。

このように、業者の換金方法の違いが、支払い方法の違いを生んでいると感じませんか?

しかし、普段クレジットカードを利用しない方や一括払いしか選択した事が無い人はこんな事を抱いた事があると思います。

割賦払いにつきましても分割とリボだったら分割の方がお得みたいな印象がありませんか?

クレジットカードのショッピング枠を現金化する事を比較検討しているのであれば、支払い方法を選べるという背景についてよく知っておく必要があります。

実はそんなにお得に変わるものではありませんし、分割・リボ払いを目的にクレジットカードを所有する人は少ないので、クレジットカード会社によって金利手数料が異なる事についてはあまり注目されることがありません。

クレジットカード業とは言え、貸金業と同様に金融業の一つに数えられる位ですから、金利手数料が発生します。

ショッピング枠という私利私欲の為の与信枠ですから、金利手数料は限度利率に近い数字が設定されている事がほとんどです。

管理人

また、購入した商品によって、支払方法の変更ができない場合も考えられますが、これは発行元各社の判断になりますので一概に言えませんが、とくに近年はAmazonギフト券現金化に対するセキュリティが強化されており、「支払いの変更ができなかった」という口コミも頂いております。

支払方法を選べるという利便性と引き換えに、金利手数料が関わってくる

収入が無い人でもクレジットカードのショッピング枠を現金化する事は可能ですが、後の支払いのことを意識して置かなければ諸刃の剣となる可能性があります。

お金を得るために我々は働かなくてはなりません。

基本的には月末締めの翌月の「ごとうび」に給与を手渡しもしくは振込されるコトになりますが、中には日払いや週払いを行っている企業もありますが、そのような給与の仕組みに応じる会社のほとんどが、元々期間限定の雇用としていることが多く、たいていの企業ではコレに応じる経理体形はないでしょう。

日本には勤労の義務という明確な原則が存在しており、労働力こそが社会を動かし生産していくという基本的な概念が戦後の景気を支えていると言っても過言では無く、労働力を収入とする仕組みは人間社会が人間社会で有り続ける為のルールです。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する事以外の金策とは、このルールに反して誰か他の立場から工面するという仕組みであり、これを業として手数料を徴収する事で現金を相手に渡すという仕組みは、一方的なトップダウンの仕組みで末端に位置する消費者は相応の努力をしない限り、このカーストから抜ける事は不可能です。

金策には様々な手法がありますが、低金利ですが審査も有って必ずしも利用できる保証の無い消費者金融、収入や身元が確認出来れば簡単に貸し出す闇金融、クレジットカードがあればなんとか出来る換金業者、その他世にあるサービスを悪用するキャリア決済換金業者など・・・。

どんな国でも時代でも、お金持ちに対して貧乏人の割合はいつも貧乏人の方が圧倒的に多いですし、貧乏人が居なくならない、つまり一定の需要が見込める為に、貧困者を狙ったサービスや事業の総称「貧困ビジネス」と言われる部類の虚業は、今後も半永久的に無くなることはないとされています。

この中でどの方法で金策をしなければならないかと比較検討した時に、まずは何と言っても都道府県知事に認可されている、つまり国に認められた貸金業者での利用が筆頭になりますが、それ以外の金策方法について模索しますと、一番ソフトな金策方法はクレジットカードのショッピング枠を現金化する事になります。

ヤミ金の様に執拗な取り立ては一切無く、支払い期限の督促や恫喝が無く、最近現れ始めた携帯のキャリア決済換金業者のように、すべて一括払いの請求される事もありません。

管理人

まずは業者に申込みをする前に、身辺に関わる物を売り払ったり人に頼ったりする事が最初のアクションですが、これがすべて上手く行くはずもないでしょうかから、クレジットカードのショッピング枠を現金化する事は、消費者金融に断られてから選択するようにするべきです。

この順番を考えずに先に利用した結果、クレジットカードの支払いが滞り、CICに金融事故記録が掲載されれば消費者金融という選択は不可能になってしまうからです。

内部カテゴリー一覧

情報量豊富な優良比較サイトのご紹介
クレジットカード現金化の優良店比較DX

2014年11月頃より開設された比較サイトの一つで、関連するキーワードを検索するとよく1ページ目に出てきます。

多角的な視点からメリットとデメリット、さらには業者や違法性に関する情報も発信されており、情報量豊富なサイトが少ない中で貴重な存在です。

店舗名を並べて業者の紹介のみに集中している比較サイトが多く、見るに堪えない情報が乱立する中で、リスクやマネーに関する豆知識も補完できます。
ショッピング枠現金化とは?優良店の比較

2013年8月頃より開設された比較サイトの一つ。

こちらも、長らく「ショッピング枠現金化」のキーワードで1ページ目に存在している実績からわかるように、更新頻度が高い比較サイトとしては唯一無二です。

他の比較サイトが記事やタイトル付けを真似している位ですからね。

近年は業者の裏側を暴くとして、多くの情報を発信する比較サイトが増えましたが、こちらの比較サイトがその走りとも言える存在です。

-はじめてクレジットカードのショッピング枠を現金化する業者を比較する方へ

Copyright© クレジットカードのショッピング枠を現金化【優良店と比較サイト】 , 2018 AllRights Reserved.