はじめてクレジットカードのショッピング枠を現金化する業者を比較する方へ

比較サイトも業者のホームページと同様に注意して見る必要がある

投稿日:

クレジットカードのショッピング枠を現金化する業者を比較するサイトも例外では無い

クレジットカードのショッピング枠を現金化する事に限った話ではありませんが、比較サイトや企業のサイトなどは誰かが作ったものであり、当サイトもその例外では有りませんが記述される情報が誤っている事もあれば、意図的に虚偽の情報を発信している場合だって考えられます。

特に世間的にあまり知られていないサービスや商品を知る機会として、ネットメディアを活用する業者は数多く、その中の一つとして比較サイトがメディアを担っているのですが、ネットにて表示される情報のほとんどが広告として考えて良いくらいにまで発展を遂げています。

広告の目的を大きな括りで考えた時に、2つの目的に分ける事が出来ます。

  1. その宣伝したいサービスを全く知らない人達に対して認知してもらう目的
  2. 宣伝したいサービスを既に知っている人達に向ける目的

どんな業種業界でも広告無くして事業を行う事は不可能に近いでしょうし、逆に言えば広告には人の心を動かす力があるという事です。

決してそれを強く言いたい訳ではありませんが、クレジットカードのショッピング枠を現金化する事について検索した際に、閲覧できる内容は比較サイトか業者の二極化しています。

特にキャッシングやクレジットカードのショッピング枠を現金化する事などのアングラ系につきましては、必ずと言って良いほど比較サイトを利用するのではないでしょうか?

口コミや紹介文を読んでどの業者にするかを選びますが、そのサイトが本当に正しいことを記載しているのかは常に疑問を持ってください。

業者に関する注意すべき情報については、多くの比較サイトでも取り扱いがありますが、比較サイトにおける注意事項についてはまだまだ開示されていない事が多いと当サイトでは考えています。

比較サイトにおける注意事項

  1. 見た目、デザイン性が優れている比較サイト
  2. 比較サイトでは、多数の業者が掲載されており、ただ、どれも同じような扱いで紹介されているはずです。

    そして、ランキングも載っていますが、評価対象として挙げられる項目はたいてい共通しており、換金率、入金時間、来店の有無、営業時間の他安全性や口コミ、15時以降でも振込がOKの業者などいろいろな切り口で分類されています。

    しかも片手の数どころか、掲載される業者の数が多すぎて目移りしてしまいそうではありませんか?

    どの業者もその紹介文を見ると・・・あら不思議!素晴らしい業者のように思えてきます。

    彼方此方で各サイトごとに優良と評価されている現状からすると、悪徳対応をする業者は存在しないのではと思いますが、本来であれば選ばれるべき業者の数は絞られていても良いはずですよね。

    これを示すかの様に、何十社もの業者を紹介しておきながら、自ら運営を行っている業者サイトに誘導するという自社比較サイトを運営するケースも見受けられます。

  3. 比較サイトも複数のサイトを参考にすべき
  4. 比較サイトも事業者の数ほどに沢山登場しています。

    同じようなサイトが多く、SEO的に上位表示されているサイトデザインや構成をパクっている事も見受けられます(笑)。

    元々社会的にも評判がよろしくにサービスですから、露出する機会はSEOしかないのでしょうか・・・サイト構成をパクれば上位表示されるという安易な考えで作成している様子で、当然そんな比較サイトなど上位に上がるはずもありませんよね。

    比較サイトを比較してみるとどの業者が平均的上位にあるのかよく分かるはずで、意図的に上位にされている場合もありますから、複数のサイトをよく比較するしかありません。

  5. 客観的に比較されているものがベスト
  6. 借金に関する業者のサイトは、大変多く検索しただけでも次から次へと新しいサイトが登場しています。

    業者のホームページだけではなく、業者を比較しているサイトも検索では上位表示されていますが、その中では最も客観的に情報の発信と比較をしているサイトがベストだと思われます。

    情報発信している人が誰なのか、憶測ではなくて体験談に近い切り口での紹介は大変信頼できるサイトだといえるでしょう。

    比較サイトも業者が集まってお金を出して作成する場合もあり、こうしたケースでは、不公平な掲載の仕方をすると業者から苦情が出るのか、掲載料金の大小で順位決定している様子もあります。

悪徳・悪質な比較サイトの手口

注意するべき要素は業者の説明や換金率、還元率だけではありません。

実際にその業者について利用した体験談を投稿出来たり、利用者と比較検討者を結びつけることが可能なコメント欄を設置している場合があります。

しかしこれも運営者次第で好きに設定が出来ますので、投稿が確認されているのでいざ自分も書き込もうとすると書き込みが出来ずに管理者の自作自演であったり、誰もが書き込めるという仕組みから店員がなりすまして書き込んでいると感じさせる内容もあります。

特に後者は、Yahoo知恵袋や2chのような匿名性が高いサイトでも行う傾向があり、中にはそれを狙って業者を紹介する事で仲介料を得る悪徳比較サイトもあります。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する事にマニュアルがある?悪徳比較サイトにご用心

分からないことがありますと、我々は無料で情報を手に入れられる方法としてインターネット検索を使います。

一昔前には、「クリックとは何ぞや」「リンクとは何ぞや」など使い方が分からないという人がたくさん居ましたが、今では老若男女問わず使われており、実際に私も電車に乗っていればあちらこちらでポチポチしている人だらけで、世の中変わったな~と感じます。

日常生活の中で何か商品を購入する際に、他の店で安く販売しているところは無いかと調べる事が簡単に出来ます。

これはインターネット通販の業者数が多くなった事で比較する事が簡単になり、これは我々消費者だけでなく事業者側でも調べる事が出来ますので、オンライン上で価格競争が行われているのです。

クレジットカードのショッピング枠を現金化をしようかな、と比較検討する時は皆さんどのようなキーワードを入力して調べていますか?

業者も数多く確認されますが、情報を発信している比較サイトと呼ばれるページも確認できると思います。

管理人

この現金調達方法について、一般的なマスメディア等で紹介する事も無ければ広告される機会自体もありません。

また、検索結果の内容自体も業者のホームページよりも注意喚起のページと比較サイトの方が表示されている割合が大きいので、利用する前に少なくとも最低1サイトは目を通しているのではないでしょうか?

ただいつも決まって同じサイトが表示されている事も無く、毎月、毎年と同じキーワードで調べても常に掲載しているという事は極めて稀なのですが、特に最近の検索結果におけるクレジットカードのショッピング枠を現金化する行為について調べますと、やけにコラム系記事が検索結果に引っ掛かるようになったことに気が付きました。

記事を買う

ついつい見入ってしまう事もあるのですが、中には文字数を稼ぐ為なのか、漢字で表現するべき箇所を平仮名にしてするなど、明らかにSEOを意識したコンテンツ作りをしている比較サイトも有りますが、一部ではランサーズと言うクラウドソーシングのサイトで記事を書いてくれる人を募っている比較サイトも見つけました。

今は誰もが情報発信ができる時代であり、こうした情報も1文字で1円のように誰かに書いて貰った情報を、まるで自分で書いたよと言わんばかりに記事を公開できるような時代です。

こうした事が行われる背景には、広告報酬目的で作成される比較サイトが多くなっているということでありますが、前述の様に常に表示される比較サイトが毎年変わっていまして、その昔に更新されていたサイトは閉鎖していたり、放置されて何ページも検索結果を辿らないと閲覧する事が出来ないようになっています。

その為、目につきやすい情報サイトでは情報の正否に関わらず少なくとも最新の情報を見る事が出来る事は間違いなく、昔から今現在も比較サイトを通して申し込みをする流れが最もポピュラーではないかと考察します。

今回はクレジットカード現金化の悪徳業者の特徴ではなく、比較サイトが悪徳であるケースについて考察していきます。

悪徳・悪質な比較サイトではデメリットとなる内容は掲載しない

悪徳、詐欺など、業者にまつわる負の情報について調べたがる心理は、比較検討者ならば当然です。

悪徳業者の特徴につきましては、他の比較サイトに掲載される情報等で確認されている方も多いとは思いますが、簡単にまとめます。

  • 振り込みが無い
  • 最初と言っていた事から話が変わってくる
  • 即日と言いながら決済は当日、現金は後日
  • 対応が悪い(恫喝、素っ気ない)

このような内容につきましては既に出回っている項目ですので何を今更という印象ですが、その比較する側の我々利用者にとって盲点となりやすいのは比較サイトの情報に対する免疫力です。

と言いますのも申し込んだところが、上記の様な悪徳業者だったと言う事にならない為にも比較サイトを閲覧するのですが、その比較サイトを経由して申し込んだにも関らず、悪徳業者に当たってしまうという事を当サイトでは危惧しています。

つまり、申し込みをする前の段階である情報取集作業の時点から、既に悪徳業者へ申し込みする分岐点が始まっている可能性があると言う事です。

口コミや体験談の情報が実際の利用者とは異なり運営者で管理されたコメントであったり、都合の悪い書き込みを削除していたり、最も悪質なケースを例に挙げますと、クレジットカード現金化は未成年でも利用できる可能性を示唆する内容を発信している比較サイトもあると他の比較サイトで述べられており、実際に未成年を含めたワードで調べますと、最近は未成年の利用について注意喚起しているページが多く見受けられ、日を追うごとに未成年に対する利用については浄化されつつあります。

何でもかんでも許される世の中では有りません。

関連キーワードを日々チェックしていますと、新サイトが1ページ目に表示されたな~と思っていたら、一か月後には順位がガクンと落ちている事があります。

こうしたサイトは1つだけでは無く、複数の比較サイトや業者のサイトを見掛けましたが、内容が薄っぺらいと言いますか、本当に比較している消費者にとって有益となるコンテンツが皆無で、内部対策を怠り外部対策だけ一生懸命行っている方々です。

業者を紹介している比較サイトにおいて、特に上位表示されているところでは、関連するキーワードの中で随分長い事上位表示されており、記事を閲覧してみると良い事のみならず、リスクやデメリットに関する記述も充実しており、高い頻度で更新されています。

他に長い期間上位表示されるサイトの特徴として、まずは内容が充実していると言う事が最低条件であり、その他は権威性ある運営者による注意喚起の内容であるコトが特徴です。

なぜ長らく上位表示されているのかには、消費者目線から有益であるというロジックを基に決定要因が働いていると言う事を考えますと、労力が掛かる事は決してやらないであろう悪徳業者たちも重い腰を上げざるを得なかったのか、良い事ばかり散りばめられた比較サイトを作成している背景があるように感じます。

POINT

そもそもクレジットカードのショッピング枠を現金化する業者を掲載してくれるメディアなんて現状有る訳がないですし、もしかしたら店員さんが業務の間にシコシコ作成しているのかもしれません。

もしこれが事実だとしたら、業者を比較する為の比較サイトすらも信じられない時代とも言え、比較サイトを比較したサイトも消費者にとっては必要なサイトであると言えます。

文字数が有る程度存在する比較サイトに関しては、内容はともかくとして一定の信頼性を受け取る事が出来ますが、その中から良し悪しを見定めていく方法としては、デメリットに関する記述を怠っているかが判断の分かれ目であり、ますます利用者が真実の情報を得にくい状況を迎えています。

検索結果の上に出てくる広告枠にも要注意してください

業者も売り上げを上げる為に必死な様子を確認する事が出来ます。

検索結果に出てくる順位とは関係なく、画面の上下に広告枠が表示される事もありますが、これはお金を出して買う事が出来る掲載枠です。

入札制で誰もが申し込みをする事が出来ますので、それが業者でも可能と言う事です。

しかし、クレジットカードのショッピング枠を現金化するサービスにつきましては、掲載のガイドラインを違反する内容であり、見つける事があれば検索エンジンの各所に通報する事で停止させることが出来ますので、当サイトでも確認できた際には随時通報をしていますが、中身は同じでドメインを変えて何度も掲載している様子を確認しています。

ペナルティを受けてもめげない姿勢は何か他の事で頑張って欲しいと思いますが、総量規制の一環で債務を抱える人の数そのものが減っている世の中ですから、クレジットカードのショッピング枠を現金化する人の数も確実に減っているという事ではないでしょうか。

比較サイトで掲載枠を販売している実態があります

我々消費者は、いつの時代でも弱い立場であることは変わりません。

そもそも欲していたサービスを手に入れる為に、販売元から購入することに対して何も躊躇いが無く取引することと思います。

もし、これが貴方や事業者が思いもしなかった広告で集客されているものだとしたら・・・どうでしょう。

事業者が直接集客するのではなく、第三者によって作られた情報によって利用者が申込みをしているというパターンで、これが正に比較サイトの立場にあります。

POINT

「クレジットカードのショッピング枠を現金化」と検索しますと、数あるお店の中から一部の業者だけが、表示されます。

その他の表示されるサイトは、比較サイトが中心にある状態ですから、実際に換金を申し込みしようとしたら比較サイトを経由する事が最も多いパターンということになります。

比較サイトで知識を得てから申し込みする事は基本です。

消費者と致しましては、事業者に申込みをする手前の段階に位置される比較サイトの閲覧が経路ですから、ここで得た情報を基にして比較検討をすることが一般的です。

しかし、この比較サイトが広告報酬目的で運営されているとなりますと、その指定業者に流し込む為のサイト構造になって居る為、真実の比較情報とは言えないのです。

消費者としては堪ったものではありません。

それでもそのような悪徳比較サイトであるのか見分ける方法があり、サイト上で小さく書かれている「掲載について」「広告について」というような募集概要への内部リンクです。

これを見ますと、とあるサイトではTOPページに表示される掲載枠は20万円で、それよりも小さいページの下段やサイドメニューへのバナー掲載は5万円、さらにはほかのメディアサイトの紹介など・・・・ズブズブです。

掲載されているサイト数と、掲載料金の兼ね合いにより、1サイト当たり100万円以上の売上を立てる事が出来るように設計されているとされ、利益目的での運営が色濃いのか、発信される消費者向けの情報に関しては乏しいことも特徴として挙げられます。

本来であれば消費者視点で比較した掲載内容とならなければ閲覧者にとっては無価値で有り、何の知識も無い初心者だけが損をすることになると言えます。

その為、ランキング化されていない比較サイトはお店に対して気まずい情報をを発信することが出来ず、掲載したところで掲載枠を購入してくれるところが無いことが予測されますので、こちらも用心しておくと鬼に金棒でしょう。

しかし、掲載されていないお店もありますが、ただでさえ知る機会の無いクレジットカードのショッピング枠を現金化する業者ですから、広告が無い業者ほど惨めなものはありません・・・。

無料で書き込みが出来るYahoo知恵袋やOKWaveへの自作自演回答などの努力が見受けられ、そこまで執着して営業する店員さんに対しては、仕事に対する熱心な情熱すら感じます。

それでも利用停止を念頭にするなら無難なのはやはり業者か

クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法として、業者に依頼する方法と自分で現金を作る方法があります。

業者に依頼するのと自分で現金を作るのはどちらがいいのかというのは、本当にいろいろなところで議論がなされているもので、ケースバイケースではあるのですが、一番無難なのはやはり業者かもしれません。

👉利用停止について考えたときに無難なのは、業者

業者に依頼する方法と自分で現金を作る方法の違いとは?

業者は当然このような背景を考えた上で、各種商品や決済、振込に関わる仕組みについて用意されている事が考察され、何かしら問題があればリピーターと呼ばれる利用者層が付かない事を意味しますので、業者としても利用停止になって欲しいとは考えないでしょう。

依頼すれば、クレジットカード会社からも目をつけられることがありませんし、現金をすぐに入金してもらうことができます。

業者によって換金率というのはまちまちではありますが、きちんと選べば高い換金率・還元率だって可能なのです。

もちろん、業者の中にはいわゆる悪徳業者というものも存在しますが、そういったものを見極めていけば、リスクの少ない方法で現金を手にする事が可能になるのです。

ポイントとなるのはクレジットカード利用停止のリスク

業者に依頼する方法のほうが無難であるという話でしたが、何を持って無難といっているのか気になる方も多いでしょう。

自分で現金を作る方法では、このリスクが大きすぎるのです。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する事を比較検討される方にとって、クレジットカードというのはまさに最後の砦となり得る存在ですが、自分で現金を作る方法を選択した為に利用停止になってしまうと、その後の方が辛い結果となってしまいます。

もちろん、「それでも業者は嫌だ」という考えなのであれば、あえてリスクのある方法を取ってもいいでしょう。

しかしながら、リスクのあるほうを取ったからといって、期待以上の現金が手に入るとも限りません。

自分で現金を作る方法でのクレジットカードのショッピング枠を現金化する行為というのは、ある意味「賭け」のような部分も出てきますので、トータルで考えてみてもやはり業者に依頼する方が無難というところに行きつくのです。

業者や比較サイトで比較するべき項目のまとめ

男性
お店の説明文はほとんど変わらない・・・
ホームページを派手にしてメリットの押し売りしか無い・・・
結局よく分からない・・・

比較サイトの中にも情報はそっちのけで、業者を紹介するところがまだまだ多く存在します。

この記事で紹介するまとめを抑えていただき、各種広告文に惑わされる事なく主観的に情報を取捨選択できる力としてお役に立てれば幸いです。

比較検討者として、1利用経験者として、比較サイトや業者のHPを閲覧する際の注意事項を伝授します!!

  • クレジットカードのショッピング枠を現金化する事に関する情報が少ない(店舗のリンク集になっている)
  • つまるところ、一つのコンテンツとして業者を紹介する事により、 その比較サイトは情報が豊富であるかのように見せるもので、換金する事によって懸念される事項は数多くあるのにも関わらず、我々利用者が換金する事に対してマイナスなイメージを持たせたくない、つまりその比較サイトを経由して申し込みをジャンジャンして欲しいという意思の表れと言えます。

  • 店員自ら比較サイトを作成している
  • 今時誰もがネット上で情報を発信できる時代で、youtuberやブロガーなどこれまでには考えられなかった職種が誕生している様に、例えば店員が情報を発信する事も制限されている訳でも無いですから、その比較サイトを経由する事で換金率・還元率が優遇されるような案内には気を付けてください。

  • どの業者も報酬が入る
  • クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法について調べる事だけでなく、業者に関する情報についても収集しようと行動するのは必然であり、我々が業者の立場になって考えてみる事も容易かと思いますが、これを逆手にとって特定業者を紹介する事によって、その業者にとって初めての利用者でも既存のリピーターであっても、そこを経由させてお金を得るという仕組みを狙っている様子を確認しています。

  • 単純にこのサービスについて記述が出来ない
  • 上記の様に報酬を得る為に作成されたサイトで、比較検討者の為に作られておらず検索順位で優遇を受ける為の対策に特化している比較サイトがあり、特に業者を紹介するページでコメントを書き込める仕組みになっているところでは、書き込みが管理者によってチェックされ、都合の悪い書き込みを削除する事も当サイトで実際に確認しています。

そもそもこのサービス、換金を利用した現金調達方法を利用する事によって申し込みをした人の処分についてはあまり公にされる事はありませんが、何を持って優良として判断するのかは各自の価値観で判断されるもので、しまいには自ら優良業者としてサイト上で比較検討者を煽る業者まである始末です。

比較サイトが業者を優良店として判断する要点をまとめました

優良店として判断する要点を4つに絞りました。

  1. 高い換金率・還元率
  2. クレジットカードのショッピング枠を換金に繋げる取引になりますので、何等かも商品購入が方法として組み込まれており、これを回避する事は不可能であると言えますが、販売する側や店員からすれば、あらゆる経費が発生している上での営業ですから、どれだけ店員が利用者の要望に沿えるかという企業努力の違いがこの数字に表れると言えます。

  3. 即日振込
  4. クレジットカードを用いると言う事は現金での取引とは異なりますので、利用者からすれば「一体何のこと?」という印象にしかなりませんが、決済代行会社やその他商品の売却先によって利用者から得られる粗利や売り上げを得るには、業者も日数を要している事が予想されます。

    「決済されたら業者に現金が入る」というイメージがありますが、実際には業者が現金を得る前に利用者が現金を得る形になる仕組みがあるからこそ、業者としても不正利用や他人名義について敏感になっているのか、未成年や本人確認の事項について注意書きがあるものと推測されます。

  5. 女性店員さんの対応
  6. 一部のお店では、女性店員が対応する事をアナウンスしていますが、性差によって換金率・還元率が変わることは考えにくく、確かに支出の用途が男性には話しにくい事ならメリットになるかもしれませんが、サービスそのものが特別違う事はありませんのでご注意ください。

  7. 安全・安心
  8. 何を担保として、何が保証になるのかは当サイトでも分かりませんが、利用するからこそこのような事項を求めている方は多くいらっしゃるかもしれません。

    しかし、大手企業でも情報流出事件など毎年話題になっている様に、どこにも安全・安心があるというのは夢物語にしか過ぎないと考えます。

掲載される業者の数がやたらと多くても、その他の情報は有益である場合も当然あります。

しかし、本来このようなサービスで考え得るメリットやデメリットが何百とある事はないでしょうし、不自然に情報量が多い業者や比較サイトには気を付ける必要があります。

各注意点を理解した上で取引にご納得出来る業者なのか、そうではないのか、いずれにしても利用者がいるから業者は成り立っているのですから、利用する人それぞれのご事情が業者数に反映されていると考察します。

内部カテゴリー一覧

情報量豊富な比較サイトのご紹介
クレジットカード現金化の優良店比較DX

2013年11月頃より開設された比較サイトの一つ。

多角的な視点からクレジットカードのショッピング枠を現金化する事に関する情報を発信されており、情報量豊富なサイトが少ない中で貴重な存在です。

店舗名を並べて業者の紹介のみに集中している比較サイトが多く、見るに堪えない情報が乱立する中で、リスクやマネーに関する豆知識も補完できます。
ショッピング枠現金化とは?優良店の比較

2013年8月頃より開設された比較サイトの一つ。

長らく「ショッピング枠現金化」のキーワードで1ページ目に存在している実績から分かるように、更新頻度が高い比較サイトとしては唯一無二です。

近年は業者の裏側を暴くとして、多くの情報を発信する比較サイトが増えましたが、こちらの比較サイトがその走りとも言える存在です。

今から30分後にお金を確認できる即日優良店3選

ゴールドラッシュ

ゴールドラッシュ

ゴールドラッシュは各比較サイト掲載実績No.1の人気業者です。

24時間営業・24時間メール対応とまではいきませんが、年中無休営業!土日・祝日も当日対応!即日振込OK!何よりしっかりとした概要の説明が評価されており、他社より還元率を必ず+1%高くしてくれます。

業界最高水準の高換金率が人気の秘訣でしょう。

接客対応も良く、初心者的な質問にも丁寧に答えてくれます。リピーター顧客も多いとのことです。

珍しく法人カードや自営業者にも迅速な対応が可能です。

  • 何故かいつも休日に緊急出費・・・ここは年中無休営業なので助かります!
  • 1万円利用だったので嫌がれると思いましたが、対応GOODで安心した。
  • たまたま深夜営業?していたみたいで即日対応してくれて助かりました!
  • お金必要になり家族に内緒で初のクレジットカードのショッピング枠を現金化…助かった。
  • 友人・親・サラ金、ことごとく断られて・・・超簡単で即日入金に感謝!
  • 友人の紹介で利用しました。こんなに簡単に資金調達できるとはビックリ!
  • 他社より必ず1%高く還元って本当だったんですね。還元率高めで満足!

Life

Life

業界最速!とにかく早い!最短3分でキャッシュバック振込!現金化のらいふのアピールポイントは、なんといっても業界最速のスピード対応です

リピーターならWEB申込から3分!初回利用者でも20分以内で即日振込してくれます!

スピードだけでなく、換金率も業界最高水準の最大95%!年中無休営業ですので、ネットバンク口座をお持ちの方なら土日・祝日などの休日でも即日振込OKです。

とにかく急いでいるという方、休日中に現金が必要だという方にお勧めのクレジットカードのショッピング枠を現金化する業者です。

  • リピーターで毎月利用してます。換金率も高くてスピーディーで満足してます!
  • 初めての利用でガチガチに緊張・・・担当者の方が親切対応で安心できました。
  • 休日に外出先でお金が必要になって・・・あっという間に現金振込されてビックリ!
  • ネットバンク口座だったんで20時ギリに即日送金してくれた。本当助かりました!
  • たった1万円の申込みで気が引けたけど、嫌がらずに親切に対応してくれ感謝!
  • 以前、即日といって翌日振込の業者があったけど、ここは本当に即日振込でした!
  • リピーターだと3分!ビックリでした。簡単手続きで超早くて本当に助かりました!

ギフトクレジット

Life

主婦・無職の方から法人まで幅広い顧客層!リピーター率82%!昨年度までにおける当サイトの優良店比較順位No.1!リピーター率82%で、特に女性の顧客が圧倒的に多いのが特徴なギフトクレジット

換金率は最大95%と業界最高水準!もちろん無審査・来店不要!申込から送金までの全手続きがWEB完結ですので、全国どこにお住まいの方でも自宅に居ながら簡単確実に即日現金調達ができます。

法人カードや複数枚のクレジットカード利用OK!ネット銀行口座をお持ちなら銀行営業時間外の21時まで即日振込OKです!

  • 気がつけば2ケ月毎利用するヘビーユーザーに・・・w次回もお願いしますね!
  • 初めての利用で不安でドキドキでしたが、ちゃんと振込まれて安心しました!
  • 自宅で育児やりながらお金調達できるので忙しい主婦には本当に助かります。
  • 金融機関のブラックリストに入ってる身ですが、ショッピング枠は使えて助かった。
  • 本当に簡単手続きですね。あっという間に即日振込されててビックリしました。
  • サラ金に借りれないので、現金調達はいつもココです。本当助かってます。
  • 電話対応がすごく親切!リラックスして手続きできました!(相模原・主婦)

-はじめてクレジットカードのショッピング枠を現金化する業者を比較する方へ

Copyright© クレジットカードのショッピング枠を現金化【優良店と比較サイト】 , 2017 AllRights Reserved.