はじめてクレジットカードのショッピング枠を現金化する業者を比較する方へ

換金する事に対して、なぜ注意や啓発活動があるの?

投稿日:

クレジットカードのショッピング枠を現金化する事に注意を促す理由

業者に依頼する事も、個人的に換金をする事も、どちらも同じクレジットカードのショッピング枠を現金化する行為です。

悪徳業者や詐欺に対して注意しましょうと紹介する、業者や比較サイトの情報はたくさんありますが、実際にネットで調べられる範囲では、業者が逮捕されるケースには詐欺罪が該当した例がありません。

当サイトと致しましては上位の事柄以外にも、業者や比較サイトでは隠したがる他のリスクの存在について考察しました。

ショッピング枠とキャッシング枠は別物でも・・・?

業者の決まり文句として「通常の買い物と同じように~」なんて枕詞があります。

クレジットカード自体には与信枠が2つ有り、キャッシング枠とショッピング枠の2つで利用するのはショッピング枠のみになります。

両方の枠は発行元の会社が独自に設けている採点基準と申込み者の希望上限額と擦り合わせて決定するようになっており、発行されることは可能でも経済環境から見た返済に関わるリスクの総合判断により、希望する額に届かない事もあるようです。

楽天カードがテレビコマーシャルを利用して積極的に露出をしていますが、その中でも通常会員の上限枠は100万円までとされており、会社にも依りますがキャッシング枠とショッピング枠の2つの枠の合計金額の上限が100万円であると指しています。

つまり、キャッシング枠で1万円利用したら、利用可能額は99万円になってしまうということです。

それぞれの枠が独立している場合もありますが、ごく稀にありますが片方の枠を使い切った状態でもう一方の与信枠を使い切られてしまえば、発行元は踏み倒されないか心配でしょうがないですからね(笑)。

金策に悩む前にクレジットカードを作成していた方にとっては、クレジットカードのショッピング枠を現金化する事は願ったり適ったりの救済策だと言えます。

POINT

消費者金融では今現在の経済環境や信用情報を元に貸出審査を行うわけですから、クレジットカードのショッピング枠を現金化する業者では、そのような審査が無く換金を実現する事が出来るという点がメリットの一つでもあり、すでにブラックだけれどもクレジットカードを持っている方にピッタリです。

しかし、業者に依頼する事で手数料が発生するのは避けられません。

それで自分自身で完結させようと、あの手この手を尽くす方も多いのかWeb上では、自分で出来るクレジットカードのショッピング枠を現金化する方法について掲載された情報サイトがありますが、実は専門店を利用するよりもリスキーな行為で有る事に関しては注意書きがまったくありません。

専門店で手続きする事も多少のリスクを感じますが、自分で行う場合の代表例におきましては、新幹線の回数券がもっともベターでしょうか?次にブランド品の購入が挙げられますが、いずれにしてもクレジットカード団体が嫌う換金性の高い商品として該当されやすい為、決済時における明細への表記でモロバレする事になります。

管理人
自動システムを用い、不審な取引については炙りだされる機能を利用していますので、収入が少ない属性にあるカードホルダーが急に換金しやすい商品を買いだせば気になられても不思議では無い事は理解できますよね?

しかも商品については支払いが終わるまでは発行元に所有権がありますので、詐欺と判断されることも否定できません。

完璧に金策を遂行するためには、やはり業者に依頼するほうが建設的であると考えてください。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する行為に対して警報を鳴らされている理由

消費庁ではクレジットカードのショッピング枠を現金化する事に関しまして、比較検討者に対して特設ページを設けて注意喚起を行っております。

管理人
消費者庁が管理する特設サイト内で、「クレジットカードのショッピング枠を現金化」と検索してみますと記者会見の席で述べられた議事録を閲覧する事も可能となっており、その中で当時の副大臣が述べた、「クレジットカードのショッピング枠を現金化に対する法的規制は違法とは断定できない」という発言が有ります。

決して認めてはいないものの、クレジットカードのショッピング枠を現金化する行為については問題視していると述べています。

サービスを提供する業者の中では「バンク」や「信託」という言葉を店名に用いているところがありますが、金融機関と同じ立場なのかと安易に信用して申込みをしないでください。

中にはヤミ金が貸金業務と並行してクレジットカードのショッピング枠を現金化する事業を営むケースがあり、利息や元本の支払いに滞ると利用させるという噂もあります。

法の適用は案件による判断、つまり最終的にお金を得るという目的は同じで有っても取引形態が数多く存在するために、業者を貸金業として断定する事は法律上の問題で今現在まで不可能となっている為に、誰からも援助を受ける事の出来ない方の救いの策として機能しています。

さらに、なぜか主流の換金手段は「買取方式」と言われており、全国ではじめて検挙された例では還元式であったため、これまでの業者が急速に移行した結果によるものです。

実際には商品取引が無く、取引を有った事にするという、架空での取引内容が違法とされたために、商品の実態があればとくに問題無いという見解から、今でも還元式(キャッシュバック)で営業されている業者もあります。

しかし、違法性の高い方はどちらかと言えば、買取方式の方が割合としては強く存在しており、読んで字の如く買取式とはまさに買ったものを売る「転売行為」を指します。

申し込みをしたと仮定し、時系列でその手順を説明しますと相手は古物商を持っているということで本人確認が義務付けられているはずです。

すでに買取式の場合、古物営業許可番号の掲載が無ければ違法業者ですが、まあ許可を得ているものとしましょう。

店員より指定された商品を購入し、一度利用者の手元に届きますので、それを店員から指定された住所に送り返すという仕組みです。

・・・この取引の中で、すでに法に触れている事にお気付きでしょうか?
詐欺

実は支払いが終わっていないのにも関わらず転売している事で、クレジットカード発行会社に対して詐欺行為と判断され、業者では無く、貴方自身が問題視されるコトになります。

恐らく、手続き上でこの件に関する説明が店員の口から出る事はないでしょう。

利用者に取ってデメリットで有る部分を話すことでカモを離すことになりますので、都合の悪い事は大抵「大丈夫ですよ」「安心です」と根拠の無い返答です。

買取式にあたった場合には、ぜひデメリットがあるか聞いてみると優良か悪徳か判断が付きやすいです。

※冒頭で記述しているように、結局どんな取引内容であっても、共通して言える事は「クレジットカードのショッピング枠を現金化する」ということです。

内部カテゴリー一覧

情報量豊富な優良比較サイトのご紹介
クレジットカード現金化の優良店比較DX

2014年11月頃より開設された比較サイトの一つで、関連するキーワードを検索するとよく1ページ目に出てきます。

多角的な視点からメリットとデメリット、さらには業者や違法性に関する情報も発信されており、情報量豊富なサイトが少ない中で貴重な存在です。

店舗名を並べて業者の紹介のみに集中している比較サイトが多く、見るに堪えない情報が乱立する中で、リスクやマネーに関する豆知識も補完できます。
ショッピング枠現金化とは?優良店の比較

2013年8月頃より開設された比較サイトの一つ。

こちらも、長らく「ショッピング枠現金化」のキーワードで1ページ目に存在している実績からわかるように、更新頻度が高い比較サイトとしては唯一無二です。

他の比較サイトが記事やタイトル付けを真似している位ですからね。

近年は業者の裏側を暴くとして、多くの情報を発信する比較サイトが増えましたが、こちらの比較サイトがその走りとも言える存在です。

-はじめてクレジットカードのショッピング枠を現金化する業者を比較する方へ

Copyright© クレジットカードのショッピング枠を現金化【優良店と比較サイト】 , 2018 AllRights Reserved.