クレジットカードのショッピング枠を現金化する事に安心と安全を求める方

メリットがあると言われる理由を教えます

投稿日:

クレジットカードのショッピング枠を現金化する行為のメリットとは?

クレジットカードのショッピング枠を現金化する業者と、業者を紹介している比較サイトのほとんどが検索結果を占めており、すでに換金する事のメリットを無数に掲載しています。

正直見飽きませんか?

即日で手軽な現金調達方法であることは当サイトでも記述していますが、この見出しの後にデメリットについて記述したり、最下部からはこの換手続きにおいて消費者側ではあまり気付く事が難しい裏側について探った記事を掲載しています。

「また、メリットかよ」と、結局どこにでも書いてあるメリットは嘘だったり、それはそうだけどちょっと誇大と感じる内容まで様々ですが、結局削ぎ落していくと両手の数で事足りると考えます。

他でも書いてあるようなことを書いても仕方が無いと考えていますので、よくあるメリットのご紹介では閲覧者の方にとってつまらない情報となるでしょうし、業者や比較サイトではあまり目にする事のないメリットについて考察してみました。

※よくあるメリットの内容につきましては、申し込み時に店員から説明を受けるでしょうし、メリットについて尋ねますとデメリットについて尋ねるときよりも気前よく教えてくれます。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する業者の多くは、納品書や領収書の発行をしている

まだ利用経験が無くて比較検討中の方が考えるこのサービスは、単純にショッピング枠で決済したら現金が振り込まれる仕組みと考えていらっしゃると思います。

確かにその通りなのですが、これだけでは出資法違反の域を脱していませんので、運営歴が長い業者は取引に合法性を持たせているところがほとんどで、換金の手段には買取式や還元式など形式は異なれど、何らかの商品の購買や売買取引の元で手続きが進められています。

いずれも「買う」行為が発生しますので、商品が実際に購入者の元に届くように普段のショッピングと何ら変わりない形で取引が進みますが、商品が無かったり、商品を買ったことにするという利用者に口封じを求めるような悪徳業者も当サイトでは問い合わせ調査の中で確認しています。

実際に利用してみると、納品書や領収書を発行できる業者があり、経費として処理できる旨がたまに業者のよくある質問等で見られます。

一個人が利用する分には、経費という考えた方とは無縁かも知れませんが、業者が法人の利用を募っている背景にはこのような裏側を利用し、高額の利用を期待している様子があるのではないでしょうか。

また、法人名義のクレジットカードにつきましては当サイトで問い合わせた経験上、ほぼすべての店舗にて取り扱いが可能であることを確認しています。

支払いの遅延さえしなければ、信用情報機関とは無関係

これは換金に用いる手段として、還元式も換金式もキャンセル式も、自分で行うにしてもメルカリでするにしても同じことが言えます。

支出に充てる現金が無いから困っているわけで、そもそも余分なお金があればこのような業者で申し込みをしようとは考える事はありません。

その為、申し込み後に訪れる引き落とし日に支払いが出来なくなる恐れを招く可能性を危惧される事により、関連団体が利用しないように呼び掛けているわけですが、支払いが滞りなく利用できれば何の問題も無いという言葉の裏返しに聞こえます。

POINT

一個人でも自分自身で換金しようと思えばいろいろと案は出てくるものですが、業者に申し込みをする最大のメリットは業とする専門家を介する事でリスクヘッジになります。

業者も自ら発行元に対して、申し込みした利用者が換金した旨を通報する事は自爆行為以外に他なりませんから、利用者が健全に支払いをす事さえしていればこれまで通りに使い続ける事が可能ですし、手数料が嫌と言って自らチャレンジして二度と利用できなくなるというケースを招くくらいなら、これはpriceless(プライスレス)として考えておくべきでしょう。

店舗側から発行元に連絡したり確認したり、提携している事はない

はじめての申し込み、かと問い合わせをする際に、店舗は利用者が換金したい旨を伝えなければ手続きが進むことはありません。

これはある意味弱みを握られているという解釈もされますが、そこでキャンセルしようとしたら拒否されたり、店舗側が発行元や信用情報機関に確認や連絡をするなどと話題に出した際には脅迫と同じ事で、間違いなく悪徳業者に当たってしまっています。

信用情報機関は貸金業として届け出を出していない限り、個人情報の参照は出来ないだけでなく、そもそもこのサービスを展開する組織が登録をされることもありません。

発行元からすれば換金を業としている組織は迷惑なだけですから、金融機関や発行元とコンタクトを持っている事は無いからこそ、利用者との同意を得ながら手続きを進められているのです。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する事のメリットは、色々と細分化する事も出来ますが、何と言っても比較検討者の一番の悩みである「必ず支払いをしなくてはいけない出費への補填が出来る」ことです。

単純にお金があれば解決できる事をこの方法で現金を手に入れる目的を達成できる訳で、人に相談しにくい経済的な悩みについて、知人との縁を傷付ける事なく、さらに借金をすることで被る借りたことの履歴が残らないという点でも、体面を保ちたい方に需要があります。

現金が必要な人の存在は、どんなに年号が経過しても法改正をしても、ありとあらゆる政治を行ってもいなくなることはありません。

それを象徴するかの様に、一個人でも個人間融資と呼ばれる形で掲示板上で取引をしていたサイトもありましたが、どうやら余りにも盛り上がり過ぎたのか、不特定多数への貸し出しを利益を得る形で行っていた、つまりは業としてみなされた事により、貸金業者としての登録が求められたという旨の告知をして、今はすでに閉鎖しています。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する行為は、法や仕組みの隙を突いた形で換金が可能となっている事は否めません。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する事は、業者でなくても個人でも業として営業する事が出来る実態についてご存知でしょうか?

2017年は、この換金方法が世間にあらためて周知させる出来事が起こりました。

あらゆる媒体で取り扱われているネタですので、すでにこの現金調達方法を利用した経験のある方は「ここでも出来るんだ」と思ったかもしれませんね。

メルカリというスマホのフリマアプリ上で行われている換金方法について、これまでは暗黙の了解の中で取引されていたものを、出品禁止にするとプレスリリースを打ったことがキッカケで、話題が挙がった後に当サイトのアクセスも上がりましたのでメルカリをキッカケにして調べている方も多いと感じています。

管理人

現金を出品する事がダメになっただけであって、今でも販売方法を工夫すれば幾らでも出品する事は事実上可能で、こうした業界を俯瞰して見てきた当比較サイトとしても、メルカリそのものが「クレジットカードのショッピング枠を現金化している業者」として言われて当たり前だと感じます。

これにより、この現金調達方法を知らない人もメルカリという有名なアプリで行う事が出来ていた、その後も紙幣を折ってオブジェとして出品していたり、キャッシュバック付き商品としても販売している事が、まとめサイトの格好のネタとしてバズっています。

まとめサイトやニュースサイトで取り上げられる情報につきまして、問題性を提起する内容、まとめサイトであれば茶化す内容など様々な形が有りますが、前者であれば違法では無い為に違法として断定的な表現で記述されていなければ、後者であれば出品の内容を面白がっている様子です。

メルカリで行われている換金につきましてはすべて即日振込ではありません。

業者や比較サイトで掲載される情報はこの現金調達方法について述べられたものが中心であり、当然利用しない事が一番ですが現金調達方法として真剣に考えていらっしゃる方に気を付けていただきたい事として、出品者は専門業者で無く、これまで業として運営してきた業者に問い合わせをした方が直接話を聞けたり、これに伴う注意事項等も把握する事が出来ます。

メルカリでは現在、現金の出品が不可能ですので何かに現金を付ける形が見られますが、本当に現金も一緒に送ってくれる保証は有りませんし、注意事項は業者で申し込みをする事と同じ内容になります。


女性

メルカリの様なCtoC市場でクレジットカードのショッピング枠を現金化する事を目的としたアプリや、サイト等が有った場合は違法になるのでしょうか?

管理人

現金の出品はせずにCtoCであくまで仲介に徹し、不特定多数に反復して行っている時点で貸金業として判断される可能性が高く、これは個人間融資として掲示板を開いていた「あしながおじさん掲示板」や「くじら金融」という有名な借金仲介サイトが閉鎖に追い込まれた内容と酷似します。

男性

金券類の様に額面以上の金額での出品や、現金や古銭を本来の金銭価値以上の金額を設定して販売する事は違法になりますか?

管理人

出資法と利息制限法に沿って上限金利は決められているのですが、換金を目的とする販売であるこが明白であり、その金利を超える事が明らかであるならば違法とするべきという見方が年々高まっていますが、厳密にはより具体的に示される前例が無い事もあり、法律の規則の中で具体性を持たせる事が必要ですが、現在ではほとんど見逃されていると言いますか、事業者が個別に対応するところで留まっています。


どこでどのように換金を実行しても、優良店だろうが悪徳店だろうが、本来は発行元が認める使い方では無い事だけは忘れないでください。

業者を利用するメリットはあるの?

「クレジットカードのショッピング枠を現金化_メリット」と検索しますと、業者が自ら換金することのメリットについて語るページが検索結果の上位に表示されています。

ここで我々消費者が注意しなければならない事は、業者は利用させる事が目的でサイトを運営しているということですから安易にショッピング現金化業者のコラムを鵜呑みにしてはいけません。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する事のデメリットや注意喚起を見てみると、メリットについては語られず一方的な表現を用いられる事がしばしば見受けられますが、当サイトでは業界関連団体からは決して発信されない情報を比較サイトからピックアップしていきます。

お金に困った時に利用する「換金や商品売買」の歴史は古く、700年前の鎌倉時代に「質屋」という形で一般市民の生活を影で支えてきました。

当時からクレジットカードが存在していた訳では無いですが、換金の仕組みそのものが昔から存在した訳で、現代ではインターネットが普及してきた社会の中で進化したものが、クレジットカードのショッピング枠を利用したサービスである、クレジットカードのショッピング枠を現金化を業として運営する業者たちの誕生です。

クレジットカードのクレジットとは「信頼」「信用」を意味する英単語で、ラテン語の「貸し付け」の意味から「信用貸し」という意味でも使われている言葉です。

業者を利用することのメリットを徹底追及

クレジットカードのショッピング枠を現金化する場合は、クレジットカード会社の与信を利用して購入した商品をまるで担保にするように販売先または買取先からお金を振り込んで貰うシステムです。

貸金業者では無いので、信用情報機関に照会されることもありませんし、換金した事が通知されることもありません。

他にもメリットとして挙げられる項目があるようですが、当サイトで考える換金のメリットはこれに尽きるのではないかと考察しています。

ただし、支払いが滞るような事があれば、この負の実績がクレジットカード会社を通じて信用情報機関に情報が伝達されることになります。

このサービスは手元に振込が行われるまでの時間の早さから、多くの人に注目されるようになりました。

クレジットカードの利用限度額は、庶民的な経済力ですと50万?60万に設定されていることが一般的で、この限度額内であれば何度でも繰り返し利用することが出来ます。

管理人

「ショッピング枠」の限度額は正常な取引実績を積んで行けば、自動的に増えていく仕組みになっており、本人が希望しなくても本当に勝手に行われている事があります。

実際に私も経験した事があるのですが、引き上げた事の事後報告が登録していたメールアドレスに届けられた事があります。

支払い方法としては、一括払い、二回払い、ボーナス一括払い、リボ払い、分割払いがありますが、基本的に一括払いからの割賦払いへの変更となっておりますので、リボ払いを選択せざるを得ないようです。

POINT

業者では、支払い方法を計画的に行うことできる旨をメリットとして紹介していますが、割賦払いにする事で金利手数料が掛かることを含めていない形で紹介されていると考えられますので、そのように理解しないでください。

翌月に返済の目途が立っている場合は一括払い、次のボーナスで返済できるのであればボーナス一括払いを選択しておくと余計な利子が付かないので便利ですが、借りた額が多い場合は二回払いやリボ払い、分割払いを選択しておくのが無難でしょう。

ちなみに、当サイトでは業者を介した換金方法に重きを置いて記述しておりますが、自分自身で実行する方法もあります。

業者を使わないで換金を実行する事については、下記の比較サイトで詳しく掲載されています。

ショッピング枠現金化業者を使わないで出来る?

管理人

換金方法も、現金を受けるまでの仕組みも至ってシンプルですが、便利さから業者を介したやり方のほうが工程数が少なくお勧めで、メリットやデメリットの両方を紹介している比較サイトも存在していますので、世間的な需要も少なからず存在している事が伺えます。

無店舗型の場合、申し込み内容を入力、本人確認の連絡を受ける、オンライン決済、現金が振り込まれるといった具合で早い場合で5分から10分程度で行えます。

申し込み内容は名前、住所、連絡先、カードの種類、利用予定額といった項目を入力しますが、本人確認の連絡では本人を証明するもの(運転免許証、健康保険証、住民票など)を写メやFAXで送信する場合もあります。

電話での申し込みもできますが、口頭でのやり取りはトラブルの原因ともなりますので、申し込みフォームから登録されることをお勧めします。

急なお金の出費でお困りの際に、当然決済した金額をしっかり支払う事が出来るのであれば、比較検討してみてはいかがでしょうか。

支払いが出来ないと予測出来るのにも関わらず、申し込みをすることにメリットは何一つ有りませんのでご注意ください。

冒頭で記述したように業者は利益を求めて運営しており、ボランティア団体の活動ではありませんので、こうした情報が検索結果の上位にあることで信頼出来るということにはなりません。

実際に検索結果順位を決定付ける要素の中に、情報の信ぴょう性についてチェックされていることは無いと公式に発表されているからです。

内部カテゴリー一覧

情報量豊富な優良比較サイトのご紹介
クレジットカード現金化の優良店比較DX

2014年11月頃より開設された比較サイトの一つで、関連するキーワードを検索するとよく1ページ目に出てきます。

多角的な視点からメリットとデメリット、さらには業者や違法性に関する情報も発信されており、情報量豊富なサイトが少ない中で貴重な存在です。

店舗名を並べて業者の紹介のみに集中している比較サイトが多く、見るに堪えない情報が乱立する中で、リスクやマネーに関する豆知識も補完できます。
ショッピング枠現金化とは?優良店の比較

2013年8月頃より開設された比較サイトの一つ。

こちらも、長らく「ショッピング枠現金化」のキーワードで1ページ目に存在している実績からわかるように、更新頻度が高い比較サイトとしては唯一無二です。

他の比較サイトが記事やタイトル付けを真似している位ですからね。

近年は業者の裏側を暴くとして、多くの情報を発信する比較サイトが増えましたが、こちらの比較サイトがその走りとも言える存在です。

-クレジットカードのショッピング枠を現金化する事に安心と安全を求める方

Copyright© クレジットカードのショッピング枠を現金化【優良店と比較サイト】 , 2018 AllRights Reserved.