この頁の一番上へ戻る

クレジットカード現金化でAmazonギフト券が使われる背景

クレジットカード現金化でAmazonギフト券が使われる背景

クレジットカード,現金化,Amazonギフト券,背景

これまでにクレジットカード現金化と言えば、何等かの商品購入を必ず行い、それに対する還元や商品の買取代金として申込み者が現金を受け取るという単純な図解で取引されていました。

 

しかし、konozamaと呼ばれるAmazonギフト券を買取する業者が突如現れ、リスティング広告や掲示板等への書き込みなどで次第に認知されるようになり、同法人が運営する日本初のAmazonギフト券専門換金市場を起ち上げました。

 

急速に規模が大きくなる

 

それまでの期間はおおよそ、2年間程の時間経過でしょうか?当時より取引された金額を発表しており、会員登録しなくてもその市場の盛り上がりを見ることが出来たのですが、サービスが軌道に乗り始めた時期に投資会社が買収。

 

買収先の会社が既存サービスの露出を強めたことにより、世間に換金市場の存在を認知されるようにまでなりました。

 

当初はクレジットカード現金化を自分で行うことも出来るという触れ込みで営業されていましたが、次第に買取サイトが閉鎖され、換金市場一本で事業を進められており、Amazonギフト券の需要や換金性の高まりにより、クレジットカード現金化目的以外の利用者も急増していると予想されています。

 

換金市場の存在がそれを急成長させたと言っても過言では無いのですが、今現在国民生活センターを始め各メディアで取り上げられている「プリペイドカード詐欺」なるものです。

 

一番格好の的とされているのがネットで購入できるタイプよりも、コンビニやスーパー等で売られているタイプのモノで、ネットで購入した場合には紛失などのトラブルに有ったとしても、再送する事は出来ます。

 

しかし、コンビニで購入するタイプは同じコードを再発行する仕組みは存在せず、ほぼ100%の確率でどの店も返金・返品に応じてくれることが無く、現金と同額の価値で利用できるプリペイドカードということも有り、被害額は甚大となっているようです。

 

クレジットカード現金化目的での購入がまだ優しくさえ感じられるほどに、アダルトサイトの架空請求目的や投資詐欺、個人間のあらゆる詐欺手口におきまして、自身の金融機関口座を相手に知られることなく詐取出来るとして、詐欺師たちのツールとなっている実態があります。

 

さらに、プリペイドという特性により、クレジットカードのように紛失や盗難にあったとしても、発行元は何も保証や対応に応じてくれるコトがありませんので、購入時に初めてコードが送られた者に対して所有権が移り変わりますので、のちのトラブルは全て自己責任扱いとなっています。

 

クレジットカードは自分自身のものであるし、媒介物には所有権が存在する・・・しかもトラブルは応じず、これまでのクレジットカード現金化業者が負担していた決済手数料の支払いも無い・・・換金市場もあるし資金洗浄したお金を入手できる・・・とんでもない世の中です。


はじめてのクレジットカード現金化を比較する方へ

クレジットカード現金化にマニュアル?悪徳比較サイトにご用心 クレジットカード現金化における全国対応は当たり前
クレジットカード現金化の優良店を考えてみる クレジットカード現金化比較サイトの評価はいろいろ

クレジットカード現金化は違法か?

顔の見えない相手が発信する情報を信頼できますか? クレジットカード現金化で購入する商品に注意!
クレジットカード現金化目的は規約違反だと知っておく クレジットカード現金化は将来的に消滅、撲滅されるでしょう

クレジットカード現金化の口コミと体験談

日頃からクレジットカード現金化を利用する強者の考え方 クレジットカード現金化を利用して幸せになれるのか

クレジットカード現金化に安心・安全を求める為に

続々と閉鎖するクレジットカード現金化サイト クレジットカード現金化は何度も利用して良い?
クレジットカード現金化は本当にWIN-WINの関係なのか? クレジットカード現金化よりも総量規制で絶好調な貸金業者
クレジットカード現金化の比較サイトで掲載枠を販売している クレジットカード現金化でAmazonギフト券が使われる背景

クレジットカード現金化業者口コミ

ギフトクレジットの評判は? ゴールドラッシュの評判は?
現金化のらいふの評判は? 森のギフトの評判は?
ホリデーギフトプランの評判は? amatera(アマテラ)の評判は?

クレジットカード現金化比較ガイドお問い合せ

【運営者情報】クレジットカード現金化比較ガイド