この頁の一番上へ戻る

クレジットカード現金化即日振込専門優良対応業者を比較調査!

クレジットカード現金化業者優良店を比較する為の教科書<<平成29年度最新版>>

クレジットカード現金化とは?
クレジットカード現金化(クレジットカードげんきんか)は、クレジットカードに付属されるショッピング枠を現金にする行為で、主に「買取式」と「還元式」と「返金式」の3通りがあります。

クレジットカード現金化サービスで実現出来る事とは?

  • 急な出費で資金ピンチ
  • 仕事が多忙で
  • 遠方に旅行中でどうしても店舗に出向くことが出来ない

という方でも今お手持ちのパソコン・スマートフォン・携帯電話からのインターネット申込で即日資金調達出来ます。比較検討者の需要に応じた商行為で、消費者金融で借金する際のような対面審査が苦手な方にも向いているサービスです。対面審査不要で簡単便利にWEB完結で資金調達できる大変便利なサービスなのですが、残念なことに対面不要で行えてしまう弊害として、一部悪徳詐欺業者の被害が報告されているのが現状です。業者指定のキャッシュバック特典付商品をカード決済したのに、口座に現金が振り込まれないなどの詐欺被害例が報告されております。そのような悪徳詐欺業者に引っ掛からないように、とにかく不審に感じた場合は利用せず別のクレジットカード現金化業者を利用するようにするのが賢明です。

よく見られるクレジットカード現金化情報


  1. はじめてのクレジットカード現金化を比較する方へ

  2. クレジットカード現金化は違法か?

  3. クレジットカード現金化業者の比較ランキング



たんぽぽギフト

たんぽぽギフトは各比較サイト掲載実績No.1の人気クレジットカード現金化業者です。24時間営業・24時間メール対応とまではいきませんが、年中無休営業!土日・祝日も当日対応!即日振込OK!何よりしっかりとした概要の説明が評価されており、他社より還元率を必ず+1%高くしてくれます。業界最高水準の高換金率が人気の秘訣でしょう。接客対応も良く、初心者的な質問にも丁寧に答えてくれます。リピーター顧客も多いとのことです。珍しく法人カードや自営業者にも迅速な対応が可能です。

  • 何故かいつも休日に緊急出費・・・ここは年中無休営業なので助かります!
  • 1万円利用だったので嫌がれると思いましたが、対応GOODで安心した。
  • たまたま深夜営業?していたみたいで即日対応してくれて助かりました!
  • お金必要になり家族に内緒で初クレジットカード現金化。助かりました。
  • 友人・親・サラ金、ことごとく断られて・・・超簡単で即日入金に感謝!
  • 友人の紹介で利用しました。こんなに簡単に資金調達できるとはビックリ!
  • 他社より必ず1%高く還元って本当だったんですね。還元率高めで満足!

ギフトクレジット

主婦・無職の方から法人まで幅広い顧客層!リピーター率82%!昨年度クレジットカード現金化顧客満足度調査No.1!リピーター率82%で、特に女性の顧客が圧倒的に多いのが特徴なギフトクレジット。換金率は最大95%と業界最高水準!もちろん無審査・来店不要!申込から送金までの全手続きがWEB完結ですので、全国どこにお住まいの方でも自宅に居ながら簡単確実に即日現金調達ができます。法人カードや複数枚のクレジットカード利用OK!ネット銀行口座をお持ちなら銀行営業時間外の21時まで即日振込OKです!

  • 気がつけば2ケ月毎利用するヘビーユーザーに・・・w次回もお願いしますね!
  • 初めての利用で不安でドキドキでしたが、ちゃんと振込まれて安心しました!
  • 自宅で育児やりながらお金調達できるので忙しい主婦には本当に助かります。
  • 金融機関のブラックリストに入ってる身ですが、ショッピング枠は使えて助かった。
  • 本当に簡単手続きですね。あっという間に即日振込されててビックリしました。
  • サラ金に借りれないので、現金調達はいつもココです。本当助かってます。
  • 電話対応がすごく親切!リラックスして手続きできました!(相模原・主婦)

ゴールドラッシュ

業界最速!とにかく早い!最短3分でキャッシュバック振込!ゴールドラッシュのアピールポイントは、なんといっても業界最速のスピード対応です。リピーターならWEB申込から3分!初回利用者でも20分以内で即日振込してくれます!スピードだけでなく、換金率も業界最高水準の最大95%!年中無休営業ですので、ネットバンク口座をお持ち の方なら土日・祝日などの休日でも即日振込OKです。とにかく急いでいるという方、休日中に現金が必要だという方にお勧めのクレジットカード現金化業者です。

  • リピーターで毎月利用してます。換金率も高くてスピーディーで満足してます!
  • 初めての利用でガチガチに緊張・・・担当者の方が親切対応で安心できました。
  • 休日に外出先でお金が必要になって・・・あっという間に現金振込されてビックリ!
  • ネットバンク口座だったんで20時ギリに即日送金してくれた。本当助かりました!
  • たった1万円の申込みで気が引けたけど、嫌がらずに親切に対応してくれ感謝!
  • 以前、即日といって翌日振込の業者があったけど、ここは本当に即日振込でした!
  • リピーターだと3分!ビックリでした。簡単手続きで超早くて本当に助かりました!


クレジットカード現金化即日振込専門優良対応業者を比較調査!は、なぜ掲載する業者の数が少ないの?

 

当サイトで掲載されているクレジットカード現金化業者の数は、最大で3つの店名のみになっています。

 

しかし、他のクレジットカード現金化(ショッピング枠現金化)比較サイトを閲覧してみますと、3サイトどころではなく、ところによっては2桁以上もの店名がズラリと並んでいる場合もあり、検索結果上でも上位に位置する比較サイトも数多いですから皆様もお気付きになっていることでしょう。

 

酷いところですと、既に閉店している店舗を一つのコンテンツとして掲載をし、閉鎖されている事を良い事にその店名の評価をあからさまに悪くして、特定業者への申し込みに誘導している様子もあります。

そもそも掲載する業者の数が少なくて良いと当サイトは考えるのですが、クレジットカード現金化業者を我々消費者が利用する際には、手元に欲しい現金が幾ら高額であろうとも複数の業者に申し込みをする事が無いからです。

 

その為に、当サイトの様な比較サイトとカテゴライズされる情報の場合、今現在比較検討者にとって有益な情報とはクレジットカード現金化業者の優良店を探す手立てとなったり、この換金による現金調達方法に関する情報について、なかなか店員から説明される事の無い事柄を考察する事に努めています。

 

だからこそ、掲載される店舗の数が多いと言う事は、比較検討者にとって迷いを生むだけの余計な情報に過ぎず、比較サイトに求められている事と相反すると当サイトでは考えています。

 

内容が酷い比較サイトですと、「20〇〇年上半期・下半期リサーチ第一位」、「〇〇部門で第一位」など、誰が・どんな調査機関で行われたアンケートなのか分からない意味不明な文言を並べています。

このように本来掲載される店舗の数は少ない事が当然として考える事が適切で、わざわざ悪質な店舗まで紹介する必要は皆無でしょう。

 

掲載されるクレジットカード現金化業者の数が多い理由について、比較サイトを管理する側の意見について掲載されている比較サイトは多くありません。

 

その為、下記の様に考えますと消費者としては一つの知識としてクレジットカード現金化業者選びに役立つのではないでしょうか。

  • クレジットカード現金化に関する情報が少ない(店舗のリンク集になっている)
  • つまるところ、一つのコンテンツとして業者を紹介する事により、 その比較サイトは情報が豊富であるかのように見せるもので、クレジットカード現金化によって懸念される事項は数多くあるのにも関わらず、我々利用者が換金する事に対してマイナスなイメージを持たせたくない、つまりその比較サイトを経由して申し込みをジャンジャンして欲しいという意思の表れと言えます。

     

  • 店員自ら比較サイトを作成している
  • 今時誰もがネット上で情報を発信できる時代で、youtuberやブロガーなどこれまでには考えられなかった職種が誕生している様に、例えば店員が情報を発信する事も制限されている訳でも無いですから、その比較サイトを経由する事で換金率・還元率が優遇されるような案内には気を付けてください。

     

  • どのクレジットカード現金化業者も報酬が入る
  • クレジットカード現金化について調べる事だけでなく、業者に関する情報についても収集しようと行動するのは必然であり、我々が業者の立場になって考えてみる事も容易かと思いますが、これを逆手にとって特定業者を紹介する事によって、その業者にとって初めての利用者でも既存のリピーターであっても、そこを経由させてお金を得るという仕組みを狙っている様子を確認しています。

     

  • 単純にこのサービスについて記述が出来ない
  • 上記の様に報酬を得る為に作成されたサイトで、比較検討者の為に作られておらず検索順位で優遇を受ける為の対策に特化している比較サイトがあり、特に業者を紹介するページでコメントを書き込める仕組みになっているところでは、書き込みが管理者によってチェックされ、都合の悪い書き込みを削除する事も当サイトで実際に確認しています。

そもそもこのサービス、換金を利用した現金調達方法を利用する事によって申し込みをした人の処分についてはあまり公にされる事はありませんが、何を持って優良として判断するのかは各自の価値観で判断されるもので、しまいには自ら優良業者としてサイト上で比較検討者を煽る業者まである始末です。

 

結局のところ比較している人にとって優良な業者の定義には、次の様な要素が全てのクレジットカード現金化比較サイトで記述されています。

  1. 高い換金率・還元率
  2. クレジットカードのショッピング枠を換金に繋げる取引になりますので、何等かも商品購入が方法として組み込まれており、これを回避する事は不可能であると言えますが、販売する側や店員からすれば、あらゆる経費が発生している上での営業ですから、どれだけ店員が利用者の要望に沿えるかという企業努力の違いがこの数字に表れると言えます。

     

  3. 即日振込
  4. クレジットカードを用いると言う事は現金での取引とは異なりますので、利用者からすれば「一体何のこと?」という印象にしかなりませんが、決済代行会社やその他商品の売却先によって利用者から得られる粗利や売り上げを得るには、業者も日数を要している事が予想されます。

     

    「決済されたら業者に現金が入る」というイメージがありますが、実際には業者が現金を得る前に利用者が現金を得る形になる仕組みがあるからこそ、業者としても不正利用や他人名義について敏感になっているのか、未成年や本人確認の事項について注意書きがあるものと推測されます。

     

  5. 女性店員さんの対応
  6. 一部のお店では、女性店員が対応する事をアナウンスしていますが、性差によって換金率・還元率が変わることは考えにくく、確かに支出の用途が男性には話しにくい事ならメリットになるかもしれませんが、サービスそのものが特別違う事はありませんのでご注意ください。

     

  7. 安全・安心
  8. 何を担保として、何が保証になるのかは当サイトでも分かりませんが、利用するからこそこのような事項を求めている方は多くいらっしゃるかもしれません。

     

    しかし、大手企業でも情報流出事件など毎年話題になっている様に、どこにも安全・安心があるというのは夢物語にしか過ぎないと考えます。

掲載されるクレジットカード現金化業者の数がやたらと多くても、その他の情報は有益である場合も当然あります。

 

しかし、本来このようなサービスで考え得るメリットやデメリットが何百とある事はないでしょうし、不自然に情報量が多い業者や比較サイトには気を付ける必要があります。

 

各注意点を理解した上で取引にご納得出来る業者なのか、そうではないのか、いずれにしても利用者がいるから業者は成り立っているのですから、利用する人それぞれのご事情が業者数に反映されていると考察します。

 

クレジットカード現金化業者でよく見る年中無休、土日祝日対応も出来るとする内容に注意

 

少なくともクレジットカードを所有していると言う事は、どのような雇用形態であれ働いていて固定収入がある方だと推測されます。

 

これは発行する側も、収入が無ければ支払いが出来ない事を十分に理解しているからであり、私たちも発行する側なら収入が無い人に対してサービスの提供などしたくありませんよね。

多くの人は、平日に仕事をしたり場合によっては朝が早かったり、夜遅くまで仕事をしていたりと、買い物でも何でも何かしようと思ったときに、そのようなサービスは自分の勤務時間と営業時間が重なって時間が取れないという場面は多々あるでしょう。

 

特に行政サービスは暦通りですから、出勤時間を変えたり有給を取得する方もいるでしょう。

 

社会人になれば、一日の割合のほとんどをが仕事で覆われる事は珍しくありませんよね。

クレジットカード現金化業者も、資金需要者等のこうした背景からか、営業時間の平均はおよそ12時間前後であることが多く、早い業者ですと午前8時あたりから午後9時までが相場の様子です。

 

中には、故意に営業時間を長くし、午後11時までやっていると見せかけて実際には午後7時までしか営業していないとする業者があるという記事がほかの比較サイトで確認されています。

実は当サイトでも営業時間については、表記通りに営業していないケースを多々確認しており、特に分かりやすい例と致しまして、5月中のゴールデンウィークや年末年始といった国民的な行事、大型連休の際には意外にも休業日を取っているところが非常に多いのです。

 

そこで休みの告知がホームページ上で見られるのですが、休みのお知らせをする告知文や告知文の装飾が全く同じの業者も確認され、このような事から一つの業者が複数店舗を運営していると考察する事ができますが、当然全ての業者が365日の営業について嘘を付いていると言う事は無く、クレジットカード現金化業者の比較ランキングで掲載されている店舗につきましては営業を確認しています。

 

※営業をしているからといって即日振込が可能である場合と出来ない場合が予見され、互いの金融機関の合致が土日祝日の取引には必要になります。

金融機関の営業日次第では即日対応が難しくなる事は当然で、例え取引しないと致しましても、サービスの内容上、連絡を取りたい時に繋がらないところよりも、確実に連絡が取れるところの方が安心ですよね。

 

他の比較サイトでは評価・評判の項目として挙げられる事が少ない営業時間の項目ですから、こうした観点から比較する事も大切ではないでしょうか。

 

このサービスを利用するにあたって、最もリスクヘッジとなるのは比較サイトを通した情報を集める事、現金を手に入れるメリットと引き換えに被る恐れがあるデメリットについて知る事は無駄になりません。

クレジットカード現金化の比較を失敗して人生終了のピンチ!?

クレジットカード現金化を利用することで、人生の底辺を味わう羽目になるかもしれません。

 

これは嘘でもなく、特に無職や専業主婦で収入の当てが無いにも関わらず磁気カードを所有している方は高確率であることが予見出来ます。

 

業者によっては手続きを進める為の対応に終始し、肝心の注意点や利用後に生じる可能性があるトラブル等の説明が全く無く、何かあってからサービスのデメリットに気付くというパターンが最も怖いところで、だからこそ優良店を探す為に比較サイトを閲覧する事は間違いではありません。

 

自分よりも他人がこの方法でお金を工面する事に対して気になったことはありませんか?

隣の芝生は青いなんでことわざもありますが、実は身近な人もこのサービスを利用した経験があるかもしれません。

 

人には決して言えない悩みですし、実際に私の友人もよくよく聞いみたら経験者だったという事もありました。

 

優良店を探す方もいれば、体験談や口コミを頼りに選択したいと考える方もいらっしゃるでしょうし、比較の方法は様々です。

 

そもそもこの金策方法を選ぶ理由は主に二通りです。

  • 知り合いに頭を下げることが出来ない、頼りが居ない、断られた
  • 消費者金融に抵抗がある、そもそも借りられない、断られた

お金に困っているという経済環境は各自同じであるものの、置かれた状況は異なりますのでクレジットカード現金化をせずに補える方も居れば、クレジットカード現金化を必要とする方が自ずと現れることは確かに理解できます。

 

ショッピング枠が利用できる状態にある方の中には、キャッシング枠が付属されているクレジットカードをお持ちの方であれば、間違いなくクレジットカード発行元から借金をする方が理想的です。

 

しかし、これが複雑な仕組みとなっており、キャッシング枠とショッピング枠が一体になっている、もしくはそれぞれの与信枠が独立している契約条件もあり、なかなか的確にどうしたら良いのか伝えることが難しいのです。

 

総じて言えることですが、どの金策におきましてもサービス提供者側に手数料を差し引かれることは覚悟の上で利用しなければなりません。

 

クレジットカード現金化を利用するという事は、審査も無く借金としての履歴が残らず、周囲にバレにくい形で調達するマストな方法ではありますが、これと引き換えに貸金業者よりも高い手数料の発生から逃れることは出来ません。

 

クレジットカード現金化の比較

 

上記のように情報掲載量が豊富な比較サイトの閲覧をしても、たしかに良い事も悪い事もあると記載されていますが、基本的にデメリットが含まれていることを理解して申込むことをオススメしています。

 

良い事ばかり書いてある比較サイトは広告報酬目的で運営されておりますので、私たち消費者が気を付けなければならない事は、店員の対応だけじゃなく、比較サイトまでも注意しなければ満足に利用できないという現状です。

 

申し込んでから利用する手続きは簡単ですが、お店選びを間違えると悪徳店も優良店も変わらず、そのまま手順が進められるために、利用してから「実は悪徳業者のカモにされていた」という最悪の事態になり兼ねません。

 

消費者庁や国民生活センター、ならびに当サイトのような注意喚起サイトを閲覧した上で、貴方はそれでもクレジットカード現金化をするのですか?

 

なぜ利用しないでくださいと言われているのか、根本的な部分について触れる比較サイトは数少なく、業者に至っては全く説明がなされない、利用後は知らぬが仏とでも言わんばかりの簡素な説明をする店員が非常に多く見受けられます。

 

確かに利用する事を強要したり、磁気カードそのものを勝手に決済されているという様子でもなく、どんな換金率・還元率、換金に至るプロセスが異なれど、申し込みした人の承諾と同意を持って手続きが進められる事がどの業者も共通しています。

 

さらに、今現在も何サイトも専門業者が現存し、同一サイトが何年も営業を続けている背景にはクレジットカード現金化を利用している人は、クレジットカード現金化を事業としてやっていくだけの利用者が数多くいると言う事の証明でもあります。

 

利用後のトラブルが多いのであれば、利用者からのクレームによって長い年数を経過できるものはないでしょうが、比較サイトで紹介されることが無い、あるいは情報量が少ない新しい業者につきましては、どんな仕組みで、どのようなプロセスで換金に至るのか気を付けるべきであり、申し込みをオススメする事はできません。

 

苦渋の決断は人生における局面であり、避けられぬイベントです。

 

全く同じ状況の人なんて居ないのですから、他人のアドバイスも無意味かもしれないけれど、一クレジットカード現金化利用経験者としては、後悔しない様に祈っています。

クレジットカード現金化の手数料は意外と高い!

 

どんなに比較サイト等で優良店として評価されていても、手数料の発生は避けられない支出項目でありますが、利用する我々消費者側としては目の上のたん瘤的な要素です。

 

クレジットカード現金化の手数料は意外と高い事をご存知でしょうか?

 

各種比較サイトではどこもかしくも、このサービスは他の金策よりも優遇される記述が目立ちますが、営利目的で運営されている以上、誠に残念ですが手数料は避けられません。

 

便利なクレジットカード現金化ですが、その手数料を正確に計算すると、キャッシングよりも高くつくことがあります。

このサービスが貸金業に該当するか否かで出資法または利息制限法の適用が変わりますが、クレジットカード現金化で購入する商品に注意!でも記述している様に、商品を媒介させている事で貸金業ではありません。

 

が、当然商品が取引されていない換金方法は違法、つまり無登録の貸金業を営んでいる事に加え、利息制限法と出資法で定める上限金利を超えた取引も兼ねていれば併科され、闇金業者として判断されます。

それでもなお、換金を求める方は後を絶たないと言います。

 

そんな失敗が無い様に、出来るだけ手数料の安い優良店を選ぶ事が、お金を求めている消費者の第一評価項目に挙げられている訳です。

 

換金率・還元率が高くても、手数料が高くなっていることもある!

 

優良店と悪徳店の区別、店舗型と無店舗型の区別にも拘わらず、ホームページ上では換金率もしくは還元率に関する記載をよく目にしますよね。

比較検討者が一番気になるポイントになりますが、当サイトではこの項目については優良店の評価基準として重きを置いておらず、手順を進めると換金率と還元率では掲載されていなかった各種手数料の説明が浮かび上がってくる事があるからです。

 

クレジットカード現金化では、利用者が手数料として金利の代わりになる金額を支払いますが、その支払方法はクレジットカード現金化業者から受け取る現金と、与信枠から引き落とされる金額との差額です。

しかし、この手数料は、厳密に法律に則って計算されたものでなければ決まり事は一切存在しませんので、場合によっては利息制限法の利息を超えている場合があります。

 

貸金業法における利息制限法では最大で年20%の金利に制限されるモノですが、クレジットカード現金化による手数料は、利息として考えていない場合もあり、業者側も利息として捉えず、あくまでも換金率や還元率という意味で設定しているわけです。

手数料がどうしても支払いたくないなら利用を控える

取引内容に筋が通らなければ、出資法違反として刑事罰が課せられるため逮捕される場合があります。

 

規制も厳しくなっていて、クレジットカード現金化業者もあからさまに営業できなくなってきています。

 

しかし、違法とはいえないクレジットカード現金化業者も利用の際に実質手数料を計算してみると、取引内容は合法であっても高額な手数料が含まれる可能性があります。

クレジットカード現金化は返済期間の幅は広い

簡単に現金を手に入れることができますが、支払はクレジットカード経由です。

 

基本的に一括払い時における請求内容と、割賦払いを選択した際に生じる金利手数料により、それぞれの支払い方法の違いで負担額も変わります。

 

ですから、年払いの金利を計算すると、とんでもない金利になっている場合が!分割だろうがリボ払いだろうが、金利がさらにかかります。

即金として困難な状況を乗り越える為に求めるのか、さらに我慢して利用をしないという選択もありかもしれませんが、既にこの換金を模索している方は前者になるでしょう。

 

コレだけの怖さが有りながらも、さらに商品によっては媒介する事を禁じられているAmazonギフト券や楽天スーパーポイント等で換金を助長させている換金市場は、今後何等かの法規制が介入しても可笑しくは無い事が予想されます。

経済環境の不安がクレジットカード現金化の利用を後押しする

 

経済環境の不安がクレジットカード現金化の利用を後押しする例としまして、一人の体験者が当時の状況に応えてくれました。工面できるコトは確かですが、デメリットも考えなくてはいけないようです。

私は3500万で家を購入した際に、ローンの頭金で700万ほど借金をしたことがあります・・・。

 

月々の支払いは8万程度プラス借金返済で合計11万弱でした。

 

それなりの出費ではありますが、毎月都内でそこそこ良い賃貸マンションで先の見えない賃料を払うよりは、家を買ってしまったほうが

 

良いと考えていたので長く見ると得だと考えて購入を決めました。

 

毎月安定して支払いをしていけば何の問題も無かったのですが、ある時私が脳梗塞で倒れて手術と入院を余儀なくされたことがありました。

 

医療費は保険である程度どうにかなったのですが、その時急な出費で慌てた妻が「クレジットカード現金化」というサービスを専業とするお店から50万ほど都合してしまいました。

 

丁度その時にそういった業者からの広告がスパムメールで入っていた事を思い出し、利用してしまったとのことでした。

 

妻は日ごろから消費者金融からお金を借りる生活はしたくないと考えており、また実際に借りる生活も送ったことが無かった為、急にお金を用立てなくてはならなかったことや、私が倒れたことによる不安からそのような行動に走ってしまったようです。

 

家族に心配をかけてしまい今でも悪いことをしてしまったと思い返すことがあるのですが、もう過ぎてしまったことなので忘れるように心がけています。

 

しかし、この時の経験は苦いものでまだ完全に忘れるといったことができずにいます。

 

「クレジットカード現金化」のターゲットはまさに私の妻のように「切羽詰まった状況」の人をターゲットとしています。

 

具体的にどのような手口でやり取りを行うかというと、妻から聞いた話ではまず業者がショッピングサイトなどに出品されている普通の商品の購入を勧めてきます。

 

これは実は業者が出品している商品で、これをクレジットカードで買い取った後、それを再出品するよう促されます。

 

そして再出品したもののURLを業者に伝えて買い取りをしてもらい、確認後に振込をするという内容で用立てたということでした。

 

支払いは分割で12回払いにしたということで、利息を計算してみると全部でプラス10万ほどかかる計算になりました。

 

年利としては20%・・・全く酷い話です。

 

私は妻に悪いところがあったとは思っていませんし、このような急な状況で精神的に安定していないときを狙ったこういう商売があることが悪いと考えています。

 

確かに工面出来たことは確かなんですけど・・・。

 

皆さんもこのような商売があるということとそれに伴うリスクを考え、日ごろからいざという時の対策を練られたほうが良いでしょう。

 

幸い今は業者から借りたお金はカード会社に無事完済することができたので、良い勉強になったのかなと考えるようにしています。

手数料は業者間で異なり、「手数料を差し引いた形での換金率・還元率の表示」または「手数料を差し引いていない形での換金率・還元率の表示」のどちらかである事が多く、最も後者の方が即日対応を希望する方の魅力的に移るはずで、多くの場合で後述した方が多く見られます。

 

業者も商売ですから赤字になるような形での取引は決して行う事は有りませんので、過度な期待を抱いてしまい、このサービスを利用すると、「根本的に支出の悩みが解決するんだ!」など決して考えないようにしてください。

 

「ショッピング枠の残高が既に無いけれど、どうにかしてくれる業者があるんじゃないか」というお考えの方に致しましても、そのような形で請け負う事は一切ありませんし、もし可能として集客しているところでは、場合によって番号等を不正に利用する為に詐取される危険性も存在します。

 

その場合、認定司法書士や弁護士に債務整理の相談をする事が最も建設的な行動ではないかと当サイトでは考えます。

クレジットカード現金化で注意する事

クレジットカード現金化の決まり文句として「通常の買い物と同じように〜」なんて枕詞があります。

 

クレジットカード自体には与信枠が2つ有り、キャッシング枠とショッピング枠の2つで利用するのはショッピング枠のみになります。

両方の枠は発行元の会社が独自に設けている採点基準と申込み者の希望上限額と擦り合わせて決定するようになっており、発行されることは可能でも経済環境から見た返済に関わるリスクの総合判断により、希望する額に届かない事もあるようです。

 

楽天カードがテレビコマーシャルを利用して積極的に露出をしていますが、その中でも通常会員の上限枠は100万円までとされており、会社にも依りますがキャッシング枠とショッピング枠の2つの枠の合計金額の上限が100万円であると指しています。

 

つまり、キャッシング枠で1万円利用したら、利用可能額は99万円になってしまうということです。

 

それぞれの枠が独立している場合もありますが、ごく稀にありますが片方の枠を使い切った状態でもう一方の与信枠を使い切られてしまえば、発行元は踏み倒されないか心配でしょうがないですからね(笑)。

 

金策に悩む前にクレジットカードを作成していた方にとっては、クレジットカード現金化は願ったり適ったりの救済策だと言えます。

消費者金融では今現在の経済環境や信用情報を元に貸出審査を行うわけですから、クレジットカード現金化のそのような審査が無く換金を実現する事が出来るという点がメリットの一つでもあり、既にブラックだけれどもクレジットカードを持っている方にピッタリです。

 

しかし、業者に依頼する事で手数料が発生するのは避けられません。

 

それで自分自身で完結させようと、あの手この手を尽くす方も多いのかWeb上では自分で出来るクレジットカード現金化について掲載された情報サイトがありますが、実は専門店を利用するよりもリスキーな行為で有る事に関しては注意書きが全くありません。

 

専門店で手続きする事も多少のリスクを感じますが、自分で行う場合の代表例におきましては、新幹線の回数券が最もベターでしょうか?次にブランド品の購入が挙げられますが、いずれにしてもクレジットカード団体が嫌う換金性の高い商品として該当されやすい為、決済時における明細への表記でモロバレする事になります。

 

自動システムを用い、不審な取引については炙りだされる機能を利用していますので、収入が少ない属性にあるカードホルダーが急に換金しやすい商品を買いだせば気になられても不思議では無い事は理解できますよね?

 

しかも商品については支払いが終わるまでは発行元に所有権がありますので、詐欺と判断されることも否定できません。

 

完璧に金策を遂行するためには、やはり業者に依頼するほうが建設的であると考えてください。

 

クレジットカード現金化が警報を鳴らす理由

 

消費庁ではクレジットカード現金化に関しまして、比較検討者に対して特設ページを設けて注意喚起を行っております。

同サイト内で「クレジットカード現金化」と検索してみますと記者会見の席で述べられた議事録を閲覧する事も可能となっており、その中で当時の副大臣が述べたクレジットカード現金化に対する法的規制は違法とは断定できない発言が有り、決して認めてはいないものの、クレジットカード現金化そのものは問題視していると述べています。

 

サービスを提供する業者の中では「バンク」や「信託」という言葉を店名に用いているところがありますが、金融機関と同じ立場なのかと安易に信用して申込みをしないでください。

 

中にはヤミ金が貸金業務と並行してクレジットカード現金化事業を営むケースがあり、利息や元本の支払いに滞ると利用させるという事も。

法の適用は案件による判断、つまり最終的にお金を得るという目的は同じで有っても取引形態が数多く存在するために、クレジットカード現金化業者を貸金業として断定する事は法律上の問題で今現在まで不可能となっている為に、誰からも援助を受ける事の出来ない方の救いの策として機能しています。

 

さらに、なぜか主流の換金手段は「買取方式」と言われており、全国で初めて検挙された例では還元式であったため、これまでの業者が急速に移行した結果になるのですが、実際には商品取引が無く架空であったコトが違法とされたために、商品の実態があれば特に問題ない事から今でも還元式で営業されているクレジットカード現金化業者もあります。

 

しかし、違法性の高い方はどちらかと言えば、買取方式の方が割合としては強く存在しており、読んで字の如く買取式とはまさに買ったものを売る「転売行為」を指します。

 

申し込みをしたと仮定し、時系列でその手順を説明しますと相手は古物商を持っていると言う事で本人確認が義務付けられているはずです。

 

既に買取式の場合、古物営業許可番号の掲載が無ければ違法業者ですが、まあ許可を得ているものとしましょう。

 

店員より指定された商品を購入し、一度利用者の手元に届きますので、それを店員から指定された住所に送り返すと言う仕組みです。

 

・・・この取引の中で、既に法に触れている事にお気付きでしょうか?

 

実は支払いが終わっていないのにも関わらず転売している事で、クレジットカード発行会社に対して詐欺行為と判断され、クレジットカード現金化業者では無く貴方自身が問題視されるコトになります。

 

恐らく、手続き上でこの件に関する説明が店員の口から出る事はないでしょう。

 

利用者に取ってデメリットで有る部分を話すことでカモを離すことになりますので、都合の悪い事は大抵「大丈夫ですよ」「安心です」と根拠の無い返答です。

 

買取式にあたった場合には、ぜひデメリットがあるか聞いてみると優良か悪徳か判断が付きやすいです。

 

結局どんな取引内容であっても、共有して言える事はお金を手に入れる方法と言う事です。

 

クレジットカード現金化は借りる感覚に近いのかもしれない

 

クレジットカード現金化は借りる感覚に近いのかもしれません。

 

店舗によっては「貸金業では無い事を理解しているか」という申し込みフォームに確認の項目を設けていたり、お知らせで金融行為は行っていないと告知する掲載文を見る事があります。

 

借金や融資と勘違いされている方が多い事が伺えますが、同じ仕組みであると誤認識するよりも、内容を知れば知るほど有効に利用できます。

 

株式会社NTTデータ経営研究所のデータによると、借金をする人の工面したお金の使途を分類した際には、5つの使い方に分ける事が出来ると発表しています。

  1. 生活維持借り入れ
  2. 多重借り入れ
  3. 一時借り入れ
  4. 趣味・娯楽
  5. 小額借り入れ

上記5つで、「生活維持借り入れタイプ」が約4割を占めており、最も多い属性であるそうです。

このタイプの人は、収入が減ったり職を失ったりして生活維持の為に数社から借り入れを行っているとされ、割と返済能力はあり、30代既婚の女性が多いそうで、意外なことに持ち家比率が高い統計が得られ、まさにローンに押し潰されそうなイメージが湧きますね。

残り4つのタイプに属している方でも、共通して収入が安定している方もいれば、持ち家比率が高いことが挙げられ、返済能力があり暮らしが安定しているにも関わらず借金をしている方は誰にでも陥ってしまう可能性は有るということです。

 

借金をする人のイメージとして、生活苦で支払い能力も低いが借金をしなくては生活ができないという考えはもう古いようですね。

一般の方でも気軽に借金できるような環境が整っているということでしょうか?

 

最近では銀行系消費者金融のCMが強く露出をされており、総量規制によって債務を抱える人の割合が減り続けていましたが、近年は底が見え、逆に自己破産をする人が増え始めた事に加え、法律の隙間を突いた「おまとめローン」が債務者を増やすキッカケになっている事が再度社会問題として報道も出ています。

 

クレジットカード現金化なら即日で現金を手に入れる事は出来ます

 

このサービスをまだ利用したことがないという方の為に、どのようなものなのか説明しますと、クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を決済し、業者と商品をやり取りすることでインターネットバンキングを通して振込を受けたり、、店舗で現金を受け取る事で即日で金策が出来るという方法です。

換金率や還元率は利用額にスライドして優遇されるケースが多く、優良店と言われるところでさえも80%前後と低いのですが、キャンペーンや繰り返しの利用による優遇、、または高額の申し込みを行うことで最高換金率である90%前後(会社により多少数字が異なります)に近い数字で換金が出来るとする店舗もあります。

 

決済はショッピング枠で行う為、分割払いを指定したときの利率がキャッシング枠よりも低く設定されているところが注目されています。

 

また、審査不要で、借り入れを行っても個人信用情報のリストに名前が載ることも無い為、住宅ローンなどの審査に影響しないというところも優れた点です。

 

借りる際にはインターネット上でのやり取りだけで済ますことができる為、周囲の人にばれずにお金を作ることができます。

最近では消費者金融でお金を借りる人よりも、クレジットカード現金化サイトからお金を借りる人も増えてきているようで、借りる理由も「急な出費で今月だけ乗り切りたい」「遊ぶためのお金がちょっと必要だった」など軽い感覚で利用する方も多いようです。

 

借金も返済さえしっかり行えば安心して便利に使えるような時代になってきているようですが、2017年現在、総量規制が施行されてから自己破産の件数がこれまで減少傾向にありました。

 

しかし最近になって右肩上がりとなっていると話題になっており、総量規制の影響を受けないとする銀行系カードローン、消費者金融各社では、これまで以上に審査を厳しくするという見方があります。

当サイトでは審査が不要である事はメリットでもありデメリットも兼ねていると考察しており、利用用途についていずれの金策でも詳細を説明する必要は求められませんし、利用額が低額であれば簡単な書類審査で終わってしまう事も珍しくはない貸金業でさえも、多重債務者を生み出してしまう可能性はあります。

 

貸金業者で言えば、なるべく多重債務者を生まない為に審査が一役買っているのですが、ショッピング枠の利用は既に審査を受けた中で決められた上限金額の範囲内で利用となるものの、その上限金額が適切な金額設定になっているとは言えないからです。

実際に日々利用する事で実績が積み重ねられ、発行元からの信用が高いとして勝手に上限金額が引き上げられていたり、もちろん所有者側も再度申請する事で増枠する事が出来ます。

 

こうして考えてみますと、審査という言葉が何とも言えない威厳や厳しさみたいなものを感じますが、意外と有っても無いような存在なのかもしれません。

 

最近、貸金業者の広告を見る機会が増えていませんか?

 

当サイトでここ数年感じている事ですが、広告の種類はテレビCMやネット、その他街頭広告など問わず、総じて貸金業者の広告が増えていると感じませんか?

 

総量規制による効果が頭打ちとなり、また自己破産件数が増加傾向にある中で、メルカリによるクレジットカード現金化の社会問題化など、毎年何等かの対策や法改正によって世の中が良くなるように考えているはずなのに、お金に関する社会問題が無くなることはありません。

 

実際に銀行カードローンCM、消費者金融の2倍 本数規制なくというニュースが、2017年5月13日にyahooのトップを飾っていました。

 

ふと疑問を感じるかもしれませんが、銀行系カードローンと消費者金融は同じ貸金業でも総量規制が及ぶ、及ばないと違いがある事についてはあまり知られていません。

 

銀行系とはまさに銀行が貸主となっており、銀行が行う融資、貸出審査には総量規制で決めた「年収制限」は全く関係が無いのです。

 

貸金業はサービス内容から広告の自主規制として、言葉遣いに気を使ってはいるものの、記事で紹介しているように広告の本数を掛けて集客しているのが実情なのです。

闇金融を利用してはいけない理由としてよく挙げられる事柄は、暴利を貪られるだけでなく事業者はそもそも正規の流れでサービスを提供しておらず、資金需要者は困っているから頼ったはずが、より困窮を招くキッカケとなるということです。

 

しかし、闇金融では無い、少なくとも法の範囲で営業をしている銀行系カードローンや消費者金融の利用でも債務に苦しむ可能性が全く無いという事はありません。

 

表向きはクリーンな印象を与える表現や芸能人を起用しての広告展開とは裏腹にどんな企業が事業者でも、貸金業は貸金業、同じ法律の中で商売をしているのですから金利、利息等の手数料には差がありませんし、借りたら返さなければいけない事は変わりが無いのです。

 

きっとギャランティも高いのでしょう・・・広告塔として引き受ける芸能人の方も、貸金業者を利用する事で苦しんでいる方がいるという事実を知ると、また世の中も変わってくるのではないでしょうか。

クレジットカード現金化自体は断定的に違法とされていないように、貸金業者も貸し出すことについて違法とされていません。

 

しかも上限金利は今現在よりも昔は倍の利率が認められている時代もありましたので、その時代のお偉いさんのさじ加減であり、貸金業という社会的生産性の無い仕事が儲かっているという事は、国としても決して良い傾向とは言えないでしょう。

 

クレジットカード現金化で即日振込を求める方に

 

当サイトのランキング決定要因として重きを置く評価・評判の項目は、即日対応であるか否かです。

それは平日だけでなく、土日休日はもちろん、世間は大型連休で賑わいながらも休まず営業をしている、連絡が繋がらないという不安に対する対応については評価される項目であると考えます。

 

利用後に発行元から確認の電話連絡が入る可能性が無いと言い切れませんし、場合によっては決済が通らない、換金を疑われているなどのトラブルはあり得るもので、その際の対応などのアフターフォローについても手続きの中で説明する店舗と全く説明しない店舗があります。

しかしながらクレジットカード現金化以外にも、現金調達方法がある事は既にご存知かと思います。

 

行政も生活が苦しい世帯に向けて救済策を行ってはいますが、即日という観点からすると現実的な現金調達方法ではありません。

 

個人の方以外でもクレジットカードは法人でも所有が可能な事により、法人対応を可能としてアピールする業者もあります。

 

銀行や銀行系消費者金融でも、法改正後も自己破産件数が再び増加している既成事実からもお金を必要とする資金需要者はいつの時代も居なくなることはありません。

 

もはや即日振込で対応する事はクレジットカード現金化では当たり前の話になっていますし、多くはインターネット環境下での送金手続きになるでしょうから、業者側で時間を要する事自体が考えられにくい事であり、何時まで経っても振り込まれない、または日数を要するとする換金方法を手段とする業者に申し込みをする理由はないでしょう。

実際に出向いて利用する仕組みの業者とインターネットを利用して手続きを行う営業形態の違いもありますが、当サイトで掲載する注意点は共通していますので、ご参考になれば幸いです。

 

当サイトとしては、どちらの営業形態であっても現金を受け取るメリット、これに伴うデメリットは変わらない事から、どちらを甲乙付ける事は致しません。

 

店舗型であれば原則的に即日で現金を受け取ることが出来ますが、店舗型に足を運べる地域は限られていますので需要としては無店舗型に集中しているような印象です。

また、クレジットカード現金化比較サイトも業者の数に匹敵するくらい増えており、掲載される内容も数多く存在します。

 

しかし、サービスの本質とは全くかけ離れた情報も中にはありますので、当サイトではクレジットカード現金化に関する注意点に絞って記事を掲載しています。

即日振込を求めている方の多くは、冒頭でも紹介した様に急な出費に対する対処、他には色々と模索していた中で時間だけが過ぎ、支払期日が迫ってきてしまったという状況の方まで様々な場面が想定されます。

 

考え抜いた上での決断であり、そもそも好き好んで申し込みをしようと考える方がいるはずがありません。

 

当然、業者側もこのような需要については既に利用者からあらゆる諸事情について聞いているものでしょうし、比較検討者の即日で現金を求める声について対応している事から何年も営業を続けられている業者があるのではないかと考察しています。

 

換金率・還元率の違いは各社で異なる訳ですが、この概念を除いても即日で対応するとする業者がほとんどです。

即日振込で対応する事がほとんどであると紹介しましたが、実は即日振込と直接表現しなくてもスピードが早い印象付けをする広告文を告知している店舗もあります。

 

例えば、「最大最短〇分」、「根拠の無いスピード対応の文字」、「初回〇〇分、2回目以降は〇分」など書いてありますと、申し込みしたら総じて1時間も掛からない調達方法であるかの様に思えますよね?

 

即日、当日と告知する店舗もあれば、上記の様に"ニュアンス"を印象付けられる告知の方法で集客をしている店舗の違いに関する背景には、本当に即日・当日振込をする業者に利用者が流れない為に、本当は事実で無いのにスピード対応も可能であるとして宣伝しているのです。

 

この矛盾については比較サイトが独自でクレジットカード現金化を申し込みをして確認し、情報を掲載しているのであれば問題は無いのですが、既にご紹介しましたが報酬目的で比較検討者の事を考えていない悪徳比較サイトが存在しますので、も「手続きが進んだら書いてある情報と全く違う」という事は当サイトでも確認しています。

 

クレジットカード現金化のメリットとは?

クレジットカード現金化業者と業者を紹介している比較サイトのほとんどで、既に換金する事のメリットを無数に掲載しています。

 

正直見飽きませんか?

 

即日で手軽な現金調達方法であることは当サイトでも記述していますが、この見出しの後にデメリットについて記述したり、最下部からはこの換手続きにおいて消費者側ではあまり気付く事が難しい裏側について探った記事を掲載しています。

 

「また、メリットかよ」と、結局どこにでも書いてあるメリットは嘘だったり、それはそうだけどちょっと誇大と感じる内容まで様々ですが、結局削ぎ落していくと両手の数で事足りると考えます。

 

他でも書いてあるようなことを書いても仕方が無いと考えていますので、よくあるメリットのご紹介では閲覧者の方にとってつまらない情報となるでしょうし、クレジットカード現金化業者や比較サイトではあまり目にする事のないメリットについて考察してみました。

 

※よくあるメリットの内容につきましては、申し込み時に店員から説明を受けるでしょうし、メリットについて尋ねますとデメリットについて尋ねるときよりも気前よく教えてくれます。

  • クレジットカード現金化業者の多くは、納品書や領収書の発行をしている
  • まだ利用経験が無くて比較検討中の方が考えるこのサービスは、単純にショッピング枠で決済したら現金が振り込まれる仕組みと考えていらっしゃると思います。

     

    確かにその通りなのですが、これだけでは出資法違反の域を脱していませんので、運営歴が長い業者は取引に合法性を持たせているところがほとんどで、換金の手段には買取式や還元式など形式は異なれど、何らかの商品の購買や売買取引の元で手続きが進められています。

     

    いずれも「買う」行為が発生しますので、商品が実際に購入者の元に届くように普段のショッピングと何ら変わりない形で取引が進みますが、商品が無かったり、商品を買ったことにするという利用者に口封じを求めるような悪徳業者も当サイトでは問い合わせ調査の中で確認しています。

     

    実際に利用してみると、納品書や領収書を発行できる業者があり、経費として処理できる旨がたまに業者のよくある質問等で見られます。

     

    一個人が利用する分には、経費という考えた方とは無縁かも知れませんが、業者が法人の利用を募っている背景にはこのような裏側を利用し、高額の利用を期待している様子があるのではないでしょうか。

     

    また、法人名義のクレジットカードにつきましては当サイトで問い合わせた経験上、ほぼ全ての店舗にて取り扱いが可能であることを確認しています。

     

  • 支払いの遅延さえしなければ、信用情報機関とは無関係
  • これは換金に用いる手段として、還元式も換金式もキャンセル式も、自分で行うにしてもメルカリでするにしても同じことが言えます。

     

    支出に充てる現金が無いから困っているわけで、そもそも余分なお金があればこのような業者で申し込みをしようとは考える事はありません。

     

    その為、申し込み後に訪れる引き落とし日に支払いが出来なくなる恐れを招く可能性を危惧される事により、関連団体が利用しないように呼び掛けているわけですが、支払いが滞りなく利用できれば何の問題も無いという言葉の裏返しに聞こえます。

     

    一個人でも自分自身で換金しようと思えばいろいろと案は出てくるものですが、業者に申し込みをする最大のメリットは業とする専門家を介する事でリスクヘッジになります。

     

    業者も自ら発行元に対して、申し込みした利用者が換金した旨を通報する事は自爆行為以外に他なりませんから、利用者が健全に支払いをす事さえしていればこれまで通りに使い続ける事が可能ですし、手数料が嫌と言って自らチャレンジして二度と利用できなくなるというケースを招くくらいなら、これはpriceless(プライスレス)として考えておくべきでしょう。

     

  • 店舗側から発行元に連絡したり確認したり、提携している事はない
  • はじめての申し込み、かと問い合わせをする際に、店舗は利用者が換金したい旨を伝えなければ手続きが進むことはありません。

     

    これはある意味弱みを握られているという解釈もされますが、そこでキャンセルしようとしたら拒否されたり、店舗側が発行元や信用情報機関に確認や連絡をするなどと話題に出した際には脅迫と同じ事で、間違いなく悪徳業者に当たってしまっています。

     

    信用情報機関は貸金業として届け出を出していない限り、個人情報の参照は出来ないだけでなく、そもそもこのサービスを展開する組織が登録をされることもありません。

     

    発行元からすれば換金を業としている組織は迷惑なだけですから、金融機関や発行元とコンタクトを持っている事は無いからこそ、利用者との同意を得ながら手続きを進められているのです。

クレジットカード現金化のメリットは色々と細分化する事も出来ますが、何と言っても比較検討者の一番の悩みである「必ず支払いをしなくてはいけない出費への補填が出来る」ことです。

 

単純にお金があれば解決できる事をこの方法で現金を手に入れる目的を達成できる訳で、人に相談しにくい経済的な悩みについて、知人との縁を傷付ける事なく、さらに借金をすることで被る借りたことの履歴が残らないという点でも、体面を保ちたい方に需要があります。

 

現金が必要な人の存在は、どんなに年号が経過しても法改正をしても、ありとあらゆる政治を行ってもいなくなることはありません。

 

それを象徴するかの様に、一個人でも個人間融資と呼ばれる形で掲示板上で取引をしていたサイトもありましたが、どうやら余りにも盛り上がり過ぎたのか、不特定多数への貸し出しを利益を得る形で行っていた、つまりは業としてみなされた事により、貸金業者としての登録が求められたという旨の告知をして、今は既に閉鎖しています。

 

クレジットカード現金化も、法や仕組みの隙を突いた形で換金が可能となっている事は否めません。

 

ところでクレジットカード現金化は業者でなくても個人でも業として営業する事が出来る実態についてご存知でしょうか?

 

2017年は、この換金方法が世間に改めて周知させる出来事が起こりました。

 

あらゆる媒体で取り扱われているネタですので、既にこの現金調達方法を利用した経験のある方は「ここでも出来るんだ」と思ったかもしれませんね。

 

メルカリというスマホのフリマアプリ上で行われている換金方法について、これまでは暗黙の了解の中で取引されていたものを、出品禁止にするとプレスリリースを打ったことがキッカケで、話題が挙がった後に当サイトのアクセスも上がりましたのでメルカリをキッカケにして調べている方も多いと感じています。

現金を出品する事がダメになっただけであって、今でも販売方法を工夫すれば幾らでも出品する事は事実上可能で、こうした業界を俯瞰して見てきた当比較サイトとしても、メルカリそのものがクレジットカード現金化業者として言われて当たり前だと感じます。

 

これにより、この現金調達方法を知らない人もメルカリという有名なアプリで行う事が出来ていた、その後も紙幣を折ってオブジェとして出品していたり、キャッシュバック付き商品としても販売している事が、まとめサイトの格好のネタとしてバズっています。

 

まとめサイトやニュースサイトで取り上げられる情報につきまして、問題性を提起する内容、まとめサイトであれば茶化す内容など様々な形が有りますが、前者であれば違法では無い為に違法として断定的な表現で記述されていなければ、後者であれば出品の内容を面白がっている様子です。

メルカリで行われている換金につきましては全て即日振込ではありません。

 

業者や比較サイトで掲載される情報はこの現金調達方法について述べられたものが中心であり、当然利用しない事が一番ですが現金調達方法として真剣に考えていらっしゃる方に気を付けていただきたい事として、出品者は専門業者で無く、これまで業として運営してきた業者に問い合わせをした方が直接話を聞けたり、これに伴う注意事項等も把握する事が出来ます。

 

メルカリでは現在、現金の出品が不可能ですので何かに現金を付ける形が見られますが、本当に現金も一緒に送ってくれる保証は有りませんし、注意事項は業者で申し込みをする事と同じ内容になります。

メルカリの様なCtoC市場でクレジットカード現金化を目的としたアプリやサイト等が有った場合は違法になるのでしょうか?

現金の出品はせずにCtoCであくまで仲介に徹し、不特定多数に反復して行っている時点で貸金業として判断される可能性が高く、これは個人間融資として掲示板を開いていた「あしながおじさん掲示板」や「くじら金融」という有名な借金仲介サイトが閉鎖に追い込まれた内容と酷似します。

どこでどのように換金を実行しても、優良店だろうが悪徳店だろうが、本来は発行元が認める使い方では無い事だけは忘れないでください。

 

クレジットカード現金化のデメリットとは?

業者では利用者を募ることが目的のサイト構成になっていますので、デメリットにつきましては掲載は無く、手続きを進める中で注意事項として説明がある程度です。

 

一方で比較サイトでは、比較サイトで換金を受け付ける事がありませんので、メリットを全面に記載して業者への申し込みに誘導する悪徳管理者が非常に多く、こちらもデメリットについては記載を控える傾向があります。

 

総じてサービスそのものは違法として法律上で明記しておらず、合法の範囲内で取引が行われている事が今日の業者では当たり前となっており、違法な取引を行っている業者は店舗型も無店舗型という括り、営業形態や還元式、買取式の手段も問わず違法として逮捕されている状況が近年は続いています。

 

創業から少なくとも2年以上経過してなお営業をしている業者につきましては、利用者とのトラブルが少なくとも少ないと思われますが、これを逆手に創業年数を詐称している業者が何社も存在している事を当サイトでは確認済みです。

 

当然、創業年数を偽るところが優良店と言える訳でも無く、即日振込をしていたとしても利用者に誤った認識を与えかねない事柄について記載する事は比較検討者を騙す口実に他ならないからです。

 

業者や他の比較サイトでは決して掲載されないであろう、このサービスに潜むデメリットについて下記に記述します。

  • 支払いが滞る可能性を高めてしまう
  • メリットの一部でも記述していますが支払いの遅延につきましては、別にこのサービスの申し込みに関わらずどんな利用の仕方であっても絶対に避けなければならない事です。

     

    現金調達方法として利用しなくても、この磁気カードさえあればお金が無くてもショッピング枠の範囲内で引き落とし日まで無銭で生活する事は出来ますが、当然その支払日に支払いが出来ないのであれば翌日からはこの頼みの綱は使えません。

     

    経済的弱者の立場になったことが無い方には、その苦しい心情について心底理解される事はないでしょうが、自暴自棄になって本来なら存在す自制心が保てなくなくり、現実を直感視できなくなります。

     

    しかも申し込みを受けた業者では信用情報機関を通した審査は存在しません。

     

    利用後における返済は自己責任となり得る訳で、これを業者の責任と擦り付ける事は出来ませんし、利用する前から支払いが出来る出来ないの判断は予測が付くことですから、目先のお金だけを考えないよう冷静になってください。

     

  • 取引の内容次第では利用者も逮捕されても可笑しくは無い
  •  

    常に悪者扱いされ、逮捕されるのは決まって業者になりますが、当サイトで調べる限り、そもそも比較検討者が申し込みをして換金の意思が無い限りは決済される事はありません。

     

    業者が違法として取引される行為が、利用者にとっても違法と言う事では無く、換金を共謀しているという意味合いの中で考えてみてください。

     

    これまでに申し込みをした人の扱いについて報道される事はありませんが、同意の上で手続きが進められている以上、共謀として考える事も出来ますが、この事項について語る金融機関やその他注意喚起のページでは具体的に触れられていません。

     

    法律の中で断定して規制していない以上、申し込みをする事に対して制限が有る訳でも無ければ申し込みをしたら違法という事もありませんので、抽象的な表現と威圧的なデザインで注意喚起する事が限界です。

     

  • 業者が振り込みをしない可能性がある
  • 商品の売買取引が鮮明ならまだしも、Amazonギフト券の様に実体が無い商品の取引の場合については特に注意する必要があります。

     

    実際にAmazonギフト券買取業者で振り込みをしない、詐欺、詐取されたと口コミが他の比較サイトで多数確認しており、そのような業者に限って比較サイトではランキング外であり、今時の業者はサイトの見た目に気を遣う様子がありますので、取引後に悪徳業者あることに気付く事が多いようです。

     

    特に最近はこの商品を売買する「市場」がネット上に存在し、あらゆる詐欺でこの商品が、お金に代わる媒介物として利用される背景には「足が付きにくく、マネーロンダリング(資金洗浄)に最適」という実態が存在する為です。

     

    閲覧していただければ分かるように、当サイトではこうしたデメリットについて包み隠すような意図は無くむしろ悪徳業者への申し込みを避ける為の判断材料として、そして悪徳業者が廃れていくことを願ってやみません。

     

    広告色が強いサイトをそもそも好んでおらず、中にはサイトタイトルに「完全暴露」「全貌を明らかに」なんて誇大な言葉遣いで訴えかける比較サイトもありますが、中身は対した事はありません。

     

  • 一度だけのつもりが、いつの間にか優良顧客になるかもしれない
  • このサービスの本質をよく考えていますと、お金が無いから申し込みをする訳です。

     

    初回利用したと考えまして、得られるお金は決済するショッピング枠の金額を超える額が振り込まれることはなく、必ず店舗側の利益を確保した上で利用者に振込がなされます。

     

    受け取ったお金を利用者は、何かの支払いに使いますから、振込されたお金は無くなり、必ず訪れる引き落とし日には収入の当てが無い限りマイナスとなりますよね。

     

    だからこそ、当サイトでは専業主婦や無職、休職中、ご自身の収入に対して身の丈が合わない金額を希望する事をオススメしていませんが、悪徳な比較サイトではそんな属性にある方でさえも、換金する事を推奨するという酷い内容まで様々です。

     

    収入がある方であっても、引き落とし日に支払いが出来ない事を予測しているのであれば、前述した収入の無い方と同じで利用する事は危険です。

メリットもデメリットも、どれだけ並べても懸念事項ですから全ての業者がそうだと言う事では無く、可能性について考えられるものとしてお考え下さい。

 

メルカリで行う換金も同様の事が言えるのですが、メルカリは出品者と購入者を繋ぐ仲介の立場であるから関係が無いと言う事は無く、立ち位置的には業者と全く同じ、サービスの斡旋になるのですから、それが表立ってやっているかやっていないかで良し悪しが決まるものではありません。

 

個人で行おうが法人として、または何等かの商号を用いて換金を業としていれば、いずれの場合でも不特定多数に反復して取引を請け負っていることにより、すべて「業者」になります。

 

まれに掲示板やSNSで換金を請け負う旨の書き込みが見られますが、そのような怪しげな書き込みに対して、「何か特別な方法があるんじゃないか」「すごい手段が隠されているのではないか」等、変な期待を抱く気持ちになる事は理解できない事ではありませんが、なぜ表立って集客し営業をしないのかを考えますと何があるか未知数ですから手出しする事はやめましょう。

 

どこの業者を利用するにしても注意する事は同じことであり、これに対して業者はどのように考えているのか、少なくともメリットの押し売りをしている業者よりも注意事項の説明を行うところを選ぶべきであり、良い事ばかり言ってくれて気持ちよく取引出来る事が良い事であると錯覚しない様にしてください。

 

長文になりましたが、ここまで読み進めていただき誠にありがとうございました!

 

下部に当ページで紹介しきれなかったサービスの詳細や、情報について随時投稿と追記を行っていますのでご参考になれば幸いです。

はじめてのクレジットカード現金化を比較する方へ

クレジットカード現金化にマニュアル?悪徳比較サイトにご用心 クレジットカード現金化における全国対応は当たり前
クレジットカード現金化の優良店を考えてみる クレジットカード現金化比較サイトの評価はいろいろ

クレジットカード現金化は違法か?

店舗型のクレジットカード現金化なら合法ですか? クレジットカード現金化で購入する商品に注意!
クレジットカード現金化目的は規約違反だと知っておく クレジットカード現金化は将来的に消滅、撲滅されるでしょう

クレジットカード現金化の口コミと体験談

日頃からクレジットカード現金化を利用する強者の考え方 クレジットカード現金化を利用して幸せになれるのか

クレジットカード現金化に安心・安全を求める為に

続々と閉鎖するクレジットカード現金化サイト クレジットカード現金化は何度も利用して良い?
クレジットカード現金化は本当にWIN-WINの関係なのか? クレジットカード現金化よりも総量規制で絶好調な貸金業者
クレジットカード現金化の比較サイトで掲載枠を販売している クレジットカード現金化でAmazonギフト券が使われる背景

クレジットカード現金化の店舗をご紹介&口コミもどうぞ!

ギフトクレジットの評判は? ゴールドラッシュの評判は?
現金化のらいふの評判は? 森のギフトの評判は?
ホリデーギフトプランの評判は? amatera(アマテラ)の評判は?

特定地域に特化したクレジットカード現金化業者

クレジットカード現金化@大阪の店舗をご紹介! クレジットカード現金化@札幌の店舗をご紹介!

クレジットカード現金化比較ガイドお問い合せ

【運営者情報】クレジットカード現金化比較ガイド