クレカ現金化に気をつけて

クレカ現金化で人生終了のピンチ!?

クレカ現金化を利用することで、人生の底辺を味わう羽目になるかもしれません。

 

そもそもこの金策方法を選ぶ理由は主に二通りです。

  • 知り合いに頭を下げることが出来ない、頼りが居ない、断られた
  • 消費者金融に抵抗がある、そもそも借りられない、断られた

お金に困っているという経済環境は各自同じであるものの、置かれた状況は異なりますのでクレカ現金化をせずに補える方も居れば、クレカ現金化を必要とする方が自ずと現れることは確かに理解できます。

 

ショッピング枠が利用できる状態にある方の中には、キャッシング枠が付属されているクレカをお持ちの方であれば、間違いなくクレカ発行元から借金をする方が理想的です。

 

しかし、これが複雑な仕組みとなっており、キャッシング枠とショッピング枠が一体になっている、もしくはそれぞれの与信枠が独立している契約条件もあり、なかなか的確にどうしたら良いのか伝えることが難しいのです。

 

総じて言えることですが、どの金策におきましてもサービス提供者側に手数料を差し引かれることは覚悟の上で利用しなければなりません。

 

クレカ現金化を利用するという事は、審査も無く借金としての履歴が残らず、周囲にバレにくい形で調達するマストな方法ではありますが、これと引き換えに貸金業者よりも高い手数料の発生から逃れることは出来ません。

 

クレカ現金化のまとめ

 

上記のように情報掲載量が豊富な比較サイトの閲覧をしても、たしかに良い事も悪い事もあると記載されていますが、基本的にデメリットが含まれていることを理解して申込むことをオススメしています。

 

良い事ばかり書いてある比較サイトは広告報酬目的で運営されておりますので、私たち消費者が気を付けなければならない事は、店員の対応だけじゃなく、比較サイトまでも注意しなければ満足に利用できないという現状です。

 

申し込んでから利用する手続きは簡単ですが、お店選びを間違えると悪徳店も優良店も変わらず、そのまま手順が進められるために、利用してから「実は悪徳業者のカモにされていた」という最悪の事態になり兼ねません。

 

消費者庁や国民生活センター、ならびに当サイトのような注意喚起サイトを閲覧した上で、貴方はそれでもクレカ現金化をするのですか?

 

苦渋の決断は人生における局面であり、避けられぬイベントです。

 

全く同じ状況の人なんて居ないのですから、他人のアドバイスも無意味かもしれないけれど、一クレカ現金化利用経験者としては、後悔しない様に祈っています。